アヴェンタドールS 2017年版に試乗 迫力は健在 時代を感じる部分も

公開 : 2017.09.28 11:40

4輪操舵システム採用 セミATはそのまま

大きな変化という点では、ユーザーの好みでサスペンションやドライブトレイン、ステアリングの設定を組み合わせられる、ドライブモードが追加されたことだ。この新しい機能自体は良いものなのだが、ランボルギーニが選んだ名称は「エゴ」。あまり上品とは思えない。

そして最大のアップデートは、4輪操舵システムが搭載されたこと。この種の他のシステムと機能的には変わらず、特定の速度域においては擬似的にホイールベースを短くして運動性能を高める。

一方で、特定の速度域においては擬似的にホイールベースを長くして安定性を高めている。さらに、シャシーとステアリングシステムをすべて見直し、設定し直されている。

その結果、リアタイヤはこの4輪操舵システムによって、安定性が大きく向上した。ステアリングのレスポンスはよりダイレクトな味付けに設定され、4輪駆動システムのリアタイヤへの駆動力の配分率も高められている。フェラーリ488やマクラーレン720Sと肩を並べる運転のしやすさを、アヴェンタドールは手に入れることとなった。

7段シングルクラッチの2ペダルMTには手が加えられておらず、変速スピードも変わらない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×