テスラ・モデルS シューティングブレークにすると…(1)

公開 : 2017.12.13 00:00

テスラ・モデルSを、オランダ人のあるデザイナーが「シューティングブレーク」にしました。20台限定です。

ステーションワゴンのテスラ

オランダ人のデザイナー、ニールス・ファン・ローイがテスラ・モデルSのシューティングブレークを描いた。

ロンドンを拠点に活動する彼のチームがスタイリングを作成し、アムステルダム近郊のリメッツカーというコーチビルダーが製造を担当する。

テスラ・モデルS シューティングブレークにすると…(1)

ファン・ローイが書き上げたモデルSは、

・延長されたルーフライン
・大きくなったラゲッジスペース
・なだらかに傾斜するテールゲート
・ボディサイド/リアエンドのクロームトリム

が特徴となっている。

パワートレインにはいかなるモディファイも加えられていないため、エレクトリックシステムは、モデルSから変更がない。

製造予定台数は20台で、価格は非公開。

関連テーマ

人気テーマ