スパイカーB6コンセプト

公開 : 2013.02.21 13:29  更新 : 2017.06.01 01:47

オランダの自動車メーカー、スパイカーが来月のジュネーブ・モーターショーで新しいコンセプト・モデルを発表する。

B6コンセプトとネーミングされたモデルで、現行のC8エルロンよりも小型で、ポルシェ911のライバルとなるモデルだ。

スパイカーは、その生産をコベントリーからオランダのゼーウォルデに移行することになっている。これは昨年合意した中国のヤングマンとスパイカーの合弁事業のスタートを意味する。

その合弁事業の最初は、スパイカーP2P B.V.と呼ばれるプロジェクトになる。これは、北京とパリで発表されたスパイカーD8をベースとしたSUVモデルで、2014年後半にデビューする予定だ。

また、サーブが破綻する前に開発していたFWDのフェニックス・プラットフォームも、ヤングマンとスパイカーの手に移った。このプロジェクトは、スパイカー・フェニックスB.V.とネーミングされ、プレミアム・レンジに属するもモデルがヨーロッパあるいは中国で生産されるという計画だ。