EVやハイブリッド、本当にエコか 生産/流通/廃棄で生じるCO2の実態

公開 : 2018.03.03 18:10

自動車産業におけるCO2規制はクルマの排気ガスだけが対象ですが、実際にクルマが排出するカーボンの計測には誤差が大きすぎる指標です。そのうえCO2は、燃料の生産や流通のみならず、クルマの製造段階でも排出されます。あなたのクルマ、ほんとうにクリーン?

もくじ

製造から廃棄まで 生涯のCO2排出
1 燃料の生産/流通で生じるCO2
2 クルマの生産で生じるCO2
3 クルマの使用で生じるCO2
4 クルマの廃棄で生じるCO2
従来車と電気自動車のCO2比較
CO2排出量の計測 より正確に?

製造から廃棄まで 生涯のCO2排出

世界でもっとも環境にやさしいクルマは? とてもかんたんな質問だとあなたが考えたとしても仕方がないだろう。どこかにリストがあるはずだと。

何といっても、排気ガスが規制の対象になっている。しかし、法規制が無視しているもっと重要なことは、クルマの製造から廃棄までの生涯にわたるCO2排出量だ。

最近では、ほとんどのメーカー、科学機関、それにリカルド社のようなエンジニアリング・コンサルタントがライフ・サイクル・アセスメント(LCA)を実施している。

評価結果は公表されているが、現在使われている単純な排気ガスの数値と矛盾している場合がままある。

リカルドはLCAを主要な4ブロックに分割。燃料製造と流通、クルマの生産、クルマの使用、そしてクルマの廃棄だ。各カテゴリーでCO2が排出されるのにも関わらず、法規制ではクルマの使用部分のみが対象となっているのだ。

以下で、本当に自分のクルマが「エコ」なのか、考えるきっかけになれば幸いである。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事