ランサー・エボVI トミ・マキネン・エディション vs インプレッサ22B STi 後編

公開 : 2018.03.03 16:10

後半です。ランサー・エボVI トミ・マキネン・エディションはワインディングから平地へ。その後、インプレッサ22B STiに乗り換えた感想は「ラリーへの郷愁以上の存在」だと表現しています。せっかくですから予算別おすすめインプレッサや注意点もまとめました。

もくじ

間違いなく「特別なクルマ」
ラリーへの郷愁以上の存在
番外編 予算別おすすめインプレッサ5選
番外編2 スバリストからひと言

間違いなく「特別なクルマ」

ワインディングから平地へとステージが変わり、4速や5速を使うようになると、エボは神経質なところを見せる。

シャシーが非常に敏感なために直線でも常にステアリング操作で進路を調整する必要があるのだ。トミ・マキネン・エディションはコーナーを速く走るためのクルマであり、いつでもまるで獲物を追いかけるテリアのように素早く進路を変えるので、プッシュする前からとてつもないスピードでコーナーへと突っ込んでいける。

アンダーステアぎりぎりのところでもフロントタイヤのグリップ限界はとてもわかりやすい。ステアリングは直進に戻るあたりで奇妙な弾力を感じるが、ロック直前では素晴らしくキビキビとして、路面状況を非常にうまく伝えてくれる。

ドライのピークディストリクトでは、リアのディファレンシャルの存在に気付くことはないだろう。ウェットやグリップの低い路面では、アクティブ・ヨーコントロールがトルクを分配している様子が感じられるはずだ。

しかし、今日のコンディションではこのクルマの駆動力とトラクションに限界はないようだ。ギアシフトは最上の部類で、5速がクロスしたこのギアボックスを操作するのはまるでマニー・パッキャオが打つコンビネーションのよう。

スロットルを開けるほどにこのクルマはその力強さを見せる。3000rpmまでは何も起こらないが、そこからは抵抗など一切ないかのように7000rpmまで一気である。間違いない。トミ・マキネン・エディションはとても特別なクルマだ。

しかし、インプレッサのとなりでは派手さが足りないように見える。

 
最新試乗記

人気記事