アストン最新情報 新ラゴンダは2021年登場 V12はハイブリッド化へ

公開 : 2018.08.05 20:10

アストン マーティンの最新情報が届きました。伝統のV12は、環境規制への対応で電動化。また、新ラゴンダ(EV)の登場は3年後で、DBXのEV仕様よりも優先するとレポートされています

もくじ

ラゴンダは2021年発売 DBXは来年か
DBX エンジンはAMG供給
「12気筒には12気筒の限界」

ラゴンダは2021年発売 DBXは来年か

アストン マーティンのもとで復活したウルトララグジュアリー・ブランド、ラゴンダ。ビジョン・コンセプトをもとにした同ブランド初となる市販EVが、2021年に登場する。ライバルはロールス・ロイス・ファントムだ。

もともと、SUVモデルのアストンDBXは一足早くゼロ・エミッションのパワートレインを搭載し、来年にも発表されると予想されていた。というのも、コンセプトモデルはEVで、しかもラゴンダよりも早く発売されるからだ。しかし、アンディ・パーマーCEOによれば、同社の電動化を先導するのはラゴンダであり、電動バージョンのDBXではないという。

この決定は、ラゴンダをロールス・ロイスやベントレーに代わる未来志向のプレミアムブランドにしようという、アストン マーティンの計画を反映している。

ラゴンダは最新技術をフル活用して、ゼロエミッションで静寂性が高く、キャビンスペースも広く取れるEVの効率性を生かした、はじめてのラグジュアリーブランドを目指している。ラゴンダの発売に先駆けて、アストンは来年、ラピードEという電動モデルを155台限定で発売する。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事