ロードテスト フェラーリ812スーパーファスト ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2018.08.12 10:10  更新 : 2018.08.17 14:36

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★☆☆☆☆☆

インフォテレマティックと銘打ったフェラーリのインフォテイメントシステムは、812搭載用にアップデートされ、制御法やナビのマッピングを刷新するとともに、演算能力がF12用の8倍に高められた。しかし、各種情報を計器盤内に設置された5.0インチのディスプレイ2面に表示するのは変わらず、これが使い勝手を悪くしている。メニューが改善しているにも関わらず、目的地入力には苦心し、地図を好みの表示にしたり、案内を追ったりするのも厄介だった。

3360ポンド(50万円)払って助手席側に8.8インチのパッセンジャー・ディスプレイを設置すれば、同乗者にオーディオ操作を任せることができる。アップル・カープレイも2400ポンド(36万円)と高額な有償オプションだが、使いにくいフェラーリ純正ナビに頼らずに済ませるためには選択したほうがいいアイテムだ。

ラフェラーリ譲りの進化したテレメトリーシステムや、1280Wアンプを備える12スピーカーのハイエンド・オーディオも用意される。標準装着のオーディオもそれなりのクオリティではあるが、どうにもパッとしないというのが正直なところだ。

視界


寝そべったAピラーがななめ前方の視界をやや妨げ、また肩越しの視認性も良好とは言えない。ただしそれを除けば、スカットルがかなり低いので、見晴らしはいい。

燈火類

フルLEDヘッドライトを標準装備。アクティブ制御のコーナリング追従機能は1920ポンド(29万円)のオプションだが、テスト車には未装着だったので、効果の検証はできなかった。

ステアリングとペダル


ブレーキペダルは幅広で、ど真ん中に配置されるので、どちらの足ででも踏みやすい。ステアリングコラムもきちんとドライバーの正面に設置されるが、もっとテレスコピックの調整幅が欲しいというテスターもいた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事