日本市場 いま「買い」の中古車5選 国産ホットハッチ編

公開 : 2018.10.29 07:40

トヨタ・ヴィッツRS(現行前期型)

トヨタを代表するコンパクトカーの座はアクアに奪われてしまった観もあるヴィッツだが、アクアよりもコンパクトで可愛いスタイルや、WRCで活躍するヤリスのイメージもあって、最近は再注目されている。

ここでオススメしたいのは、現行型のマイチェン前(2011年〜14年前半)のモデル。GRMNのようなハードなモデルもあるが、オススメは109psを発生する1.5ℓDOHCを搭載したRS。ミッションはCVTと、ヴィッツ唯一の5速MTも選べる。

ヴィッツはボディカラーの種類が多いが、人気なのはパールホワイト、シルバーメタリック、ブラックマイカなどモノトーン系が多い。長く乗るなら地味めな色を…と考えるオーナーが多いのだろうが、できればホットハッチは派手めな色で乗って欲しい。

トラブルの例は特には聞かないが、スイフトスポーツと同様、購入前にMTモデルならクラッチのつながり具合、CVTモデルならエンジン回転と速度のシンクロ具合はチェックして試乗してみたい。

MT仕様なら、11年式が100万円前後から手に入りそうだが、意外とタマが少ないのでマメに探してみよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事