日本市場 いま「買い」の中古車5選 国産ホットハッチ編

公開 : 2018.10.29 07:40

日産ノート(現行前期型)

シリーズハイブリッドのe-Powerが登場し、高人気の続く日産ノート。

ここでは、現行型のマイチェン前モデル(2012年〜16年)をオススメしておきたい。ヨーロッパ風のスタイルに、上級グレードには1.2ℓ3気筒エンジンにスーパーチャージャーを装着し、パワーは98psだが比較的軽量なボディで走りはけっこう快活。CVTにマニュアルモードはないが、あまりハードに走る気はないけれどホットハッチ気分を楽しみたい…というマイルド派には良いだろう。

高年式のモデルなので、特定のトラブルに関しては話は聞かない。ミッションはCVTのみでマニュアルモードもないから駆動系の負担は少ないが、エントリーユーザーが最初のオーナーだったクルマも多いはず。内外装のキズやヤレなどを、よくチェックしておきたい。

タマ数は多いので相場も幅広く、12年式のX DIG-Sでも50万円台から見つけることができる。

ノートも他のコンパクトカー同様、ホワイトやブラックなどモノトーン系の色が人気だが、現行型がデビュー以来テーマカラーとしているブルーも人気だ。メダリスト専用色のゴールドは、あまり人気が高くないようだ。予算次第で、自分の気に入ったボディカラーやグレードを選ぶことも可能だろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事