国内試乗 アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ

公開 : 2018.12.30 17:50  更新 : 2018.12.30 17:52

どんな感じ?

まずは標準的な「n=ニュートラルモード」

高めにセットされたコクピットに乗り込むと、インテリアもスポーティかつ上質に装われているのがわかる。

クアドリフォリオ専用のアルカンターラ/レザー張りのスポーツシートが身体をしっかりとホールドするのに加えて、スポーツステアリングホイールも専用品だし、ダッシュやコンソールにはカーボンパネルとレザーが配されているといった具合。

ステアリングホイールにセットされた赤いスターターボタンをプッシュしてV6ツインターボエンジンを叩き起こし、8段ATのセレクターをDレンジに送る。そこでスロットルを踏み込んで走り出すと、途端にアルファ・ロメオのスポーツマインドが炸裂した。

DNAドライブモードシステムを標準的な「n=ニュートラルモード」にセットしてあっても、エンジンは心地好い唸りを上げて素早く吹け上がり、1900kgオーバーの車重を力強く加速させる。まさしくパワーは充分、という印象。

それに加えて、街中を低速で走るだけでも、脚の動きが硬めなことも印象に残る。DNAがニュートラルにセットしてあっても、締まった乗り心地を提供し、特に路面の継ぎ目を越える際などには、20インチのPゼロからコツコツといったショックが伝わってくる。

そこからも明らかにスポーツ系のクルマであることを意識させられるが、剛性感充分なボディがそのショックを確実に受け止めるから、不快な振動が増幅されることはない。したがって、硬めだけれども粗っぽさのない乗り心地だといえる。

その一方で、高速クルージングは爽快なものだった。乗り心地は高速でも締まっているが、フラット感のあるライドは快適だといえるし、メーターの100km/hはATのトップ8速だとV6はたった1750rpmで回っているにすぎないから、エンジン音も静かなものだ。

で、ステルヴィオ・クアドリフォリオがその本領を発揮したのは、コーナーの連続する峠道に入ってからだった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×