国内試乗 アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ

公開 : 2018.12.30 17:50  更新 : 2018.12.30 17:52

「買い」か?

クアドリフォリオ ふたつの魅力

ついにロールス・ロイスさえ市場参入して、欧米で生み出された1000万円オーバーの高価格SUVが日本のマーケットにひしめいている昨今、その一隅に位置する1167万円のステルヴィオ・クアドリフォリオは、そのどこを「買い」とするべきクルマだろうか。

このプライスゾーンのなかではコンパクトなサイズのボディに、強力でレスポンスのいい2.9ℓV6ツインターボエンジンを搭載したことによる活発なパフォーマンスと、スポーツカー並みという表現があながちオーバーではない機敏でしかも安定したハンドリング。

やはりその2点がこのクルマの最大の魅力ではないだろうか。

それに付随した、いかにもアルファ・ロメオらしいエクステリアとインテリアのデザインもアピールポイントだろうし、バックレストはもう少し寝ていた方が安楽だとは思うけれど、ふたりの大人に充分なスペースが確保されたリアシートや、特に広大ではないが使い勝手のいいラゲッジルームなど、実用性にもヌカリはない。

それでもやっぱりこのクルマの魅力は、スポーツカーのようなSUV、それもイタリア流の、というところだろう。

そこに心を動かされた、お熱いのがお好きなリッチこそ、ステルヴィオ・クアドリフォリオに最も相応しいユーザーであり、ドライバーであると思う。

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオのスペック

価格 1167万円
全長×全幅×全高 4700×1955×1680mm
最高速度 283km/h
0-100km/h加速 3.8秒
燃費
CO2排出量
車両重量 1910kg
パワートレイン V型6気筒2891ccツインターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 510ps/6500rpm
最大トルク 61.2kg-m/2500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事