試乗 ポルシェ・カイエンE-ハイブリッド 性能と実用性を両立

公開 : 2019.01.22 10:10

ハイブリッドシステムに改良を受けた新型カイエンE-ハイブリッドに試乗しました。バッテリー搭載による重量増の影響は否めませんが、総合的に見ればパフォーマンスと実用性を両立できるおすすめの一台です。

もくじ

どんなクルマ?
35.3km/ℓの低燃費
洗練されたハイブリッドシステム

どんな感じ?
スムーズな走り
ポルシェらしい走り
快適性も十分 ブレーキはイマイチ

「買い」か?
完璧なパッケージング バランスに優れオススメ

スペック
ポルシェ・カイエンE-ハイブリッドのスペック

どんなクルマ?

35.3km/ℓの低燃費

このクルマは公式発表によれば、ポルシェ製のSUVで最も環境に良いモデルだという。少々「最も驚異の少ない核弾頭」のようなニュアンスも感じられるが、ともかくハイブリッドモデルが新型カイエンのラインナップに追加された。

ポルシェがフラッグシップSUVのカイエンにハイブリッドモデルを追加してから10年が経とうとしている。三代目に入り、公称燃費は2倍以上になった。

これはプラグインハイブリッド技術を採用したことも大きく、新型ではガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせ、35.3km/ℓの低燃費を実現している。もちろんこの数値は運転中にどれだけモーターを使えるかによる。

初代カイエンのハイブリッド技術は、当時のプレミアムSUV市場ではそこまで魅力として捉えられていなかった。それが今では、アウディやメルセデス、BMWランドローバーといったすべての競合メーカーも何らかかのプラグインハイブリッドモデルを販売している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×