マザンティ・エヴァントラ発表

公開 : 2013.05.08 19:16  更新 : 2017.06.01 01:52

イタリアにまた新しいスポーツカー・メーカーが登場した。マザンティ・アウトモビリが、エヴァントラを発表したのだ。

創業者のルカ・マザンティとハンガリーのデザイナー、ツォルト・タルノックの共同によるデザインで、その完成度は直ぐにでも生産が可能のように見える。その特徴は、リア・ヒンジのドアにある。

エンジンは、600bhpを発揮する6気筒ターボか、700bhp、86.4kg−mを発揮する7.0ℓのV8を選択可能だ。トランスミッションは、シラ・ホールディングの6速シーケンシャル・シフトが装着され、駆動はRWDとなる。また、OZ製のホイールとブレンボのブレーキが奢られる。ボディはアルミニウム製で、1300kgを切るという。

パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.5秒、トップスピードは350km/hだ。

マザンティでは毎年5台の生産が可能としており、それぞれのクルマにはオーナーの名前が刻まれるという。