ケータハム・セヴン40周年記念モデル

公開 : 2013.05.11 18:59  更新 : 2017.06.01 01:53

ケータハム・カーズは、セヴンの40周年を記念したモデルの販売を開始した。この40周年記念パックは、すべてのモデルにアップグレードとして用意される。

ケータハムの創始者、グラハム・ニアーンがロータスのボス、コーリン・チャプマンからセヴンの製造の権利を得た1973年以来、ケータハムは継続してセヴンを造ってきた。

ケータハムは5月9日より40周年記念モデルのオーダーを受け付けている。

ケータハム・セヴンの40周年記念パックは、オリジナルのロータス・セヴンと同じグレーのシャシーを持ち、オプションでルビーレッドのボンネット・ストライプが入れられる。

インテリアはナンバーの入ったプレート、グレーのパイピングの入ったレザー・シート、グレーのレザー・ダッシュボード、オプションでグレーのハンドブレーキとシフト・レバーが装備される。また、15インチ・ホイールとエイボンZV3タイヤ、そして40YOCというブランディングが入ったイグニッション・キーも付けられる。

この40周年記念パックは、ノーコスト・オプションで英国国内のみならず、海外からも注文が可能で、先述したようにどのモデルにも装着可能だ。

価格は、エントリー・モデルの£19,995(311万円)のロードスポーツ125から、トップグレードである£42,495(663万円)のスーパーライトR500まで。

関連テーマ

人気テーマ