英国ツーリングカー選手権開幕 いまが最高の時? 今年も激しいバトル期待

公開 : 2019.04.13 16:50

番外編2:2019シーズン注目の話題

新型トヨタカローラ

昨シーズン、スピードワークス・モータースポーツから参戦していたトム・イングラムは最終戦までチャンピオンを争ったが、今シーズンはトヨタGBのサポートを受け開発された新型カローラで再びタイトルに挑戦する。もし、彼らが早期にマシンの熟成を進めることができれば(それができないと考える理由などない)、タイトル争いに加わることは十分可能だろう。

新型BMW 3シリーズ

昨シーズンのチャンピオンであるコリン・ターキントンを擁するウエストサリー・レーシングは、もう1台のワークスマシンである新型3シリーズで今シーズンを戦うことになる。その中味はほぼ昨年のチャンピオンカーである1シリーズのままだが、新型3シリーズのボディがもたらすエアロダイナミクスと重量配分には熟成が必要だ。

マーク・ブランデル

長きに渡って、英国のベテランドライバーたちは過小評価されてきたのかも知れない。元F1パイロットであり、ル・マンとインディカーレースで勝利しているにも関わらず、ブランデルの名がもっとも知られているのは、F1コメンテーターとしてなのだ。激しい戦いが待ち受けるBTCCへの52歳での復帰は、この状況を変えることになるのだろうか?

ニック・ハミルトン

ルノー・クリオ・カップレースを経て、ルイス・ハミルトンの弟は2019シーズンのBTCCにフル参戦を果たしている(2015シーズンにも4レースに出場している)。有力チームであるモーターベースからフォード・フォーカスRSを走らせる予定だが、「開幕戦がどんな結果になるか分かりませんが、ともかく、そこから這い上がるだけです」と彼は現実的な目標を語っている。

おすすめ記事