アルピナB6ビターボ

公開 : 2013.05.18 21:00  更新 : 2017.05.29 18:24

■どんなクルマ?

噂によれば、次にアルピナから登場するビッグ・モデルは、6気筒のツインターボ・ディーゼル積んだD3だという。このD3は、その高いパフォーマンスと18km/ℓ以上の燃費を兼ね備えたモデルだ。しかし、そのD3は年内には間に合いそうもない。

ということで、アルピナは熱心なユーザーが望んでいるハイ・パフォーマンス・モデルとして先にB6ビターボをデビューさせた。そのフロント・フードの下には、532bhp/5200-6250rpmのパワーと、74.4kg-m/2800-5000rpmのトルクを持つ4.4ℓV8ツイン・ターボ・ユニットが収まる。ギアボックスはベースとなった6シリーズのZF製の8速オートマティックを基本的には流用するが、サーキット走行などといった特定のモードでは容易にシフトアップしないような独特のチューニングがアルピナのエンジニアによって施されている。

また、シャシーもオリジナルのチューニングがされている。コンフォート・モードではレギュラーのBMWよりソフトにし、逆にスポーツおよびスポーツ・プラス・モードでは通常のBMWでは許されないようなハードなセッティングとなっている。

インテリアは遥かに高級な本革シートが取り付けられる他、様々なオプションが用意されている。もちろん、それには莫大な費用も要求されることになるのだが。

■どんな感じ?

オリジナルの20インチ・タービン・ホイールのみならず、10%リフトを減らすフロント・スピリッター、小さなリア・リップ・スポイラー(もし派手なスタイルが望みならばティートレイ・ウイングも用意される)、そしてリデザインされたリア・ディフューザーなどによって、そのパフォーマンスの高さを誇示する。

B6ビターボは驚くほど速い。どんなエンジン回転数からでも、どんなギアでも莫大なトルクでぐいぐいと引っ張っていく。トランスミッションのマネージメントを、BMW M6よりも素晴らしく、スムーズで無駄のないパワーの伝達を行う。エグゾースト・ノートも気持ちのよいもので、聞いていて気持ちの良くなるようなサウンドを奏でる。

シャシーのモディファイがされたにも関わらず、B6は大きなクルマにありがちな動きを見せる。1870kgのボディ・ウエイトによるイナーシャが大きいのだ。特に、ブレーキング時にはそれを感じる。また、ステアリングのタッチも、フィードバックが少ない。

■「買い」か?

B6ビターボは純粋なスポーツカーと言うよりも高速クルーザーだ。6シリーズにほんの少しのプラスを望むユーザーにとっては、好ましい選択だ。但し、£92,850(1,453万円)は高価であることは間違いない。それだけの対価を払える人のためのクルマなのだ。

(スティーブ・サトクリフ)

アルピナB6ビターボ

価格 £92,850(1,453万円)
最高速度 320km/h
0-100km/h加速 4.3秒
燃費 10.7km/ℓ
CO2排出量 219g/km
乾燥重量 1870kg
エンジン V型8気筒4395ccツイン・ターボ
最高出力 532bhp/5200-6250rpm
最大トルク 74.4kg-m/2800-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記