BMW M 歴史を讃える特別仕様車 ロゴと同じ3色のM4クーペ 限定750台 

2019.09.04

サマリー

BMW Mから、モータースポーツの歴史を讃える限定モデルが発表されました。あの有名なロゴと同じ水色/青紫/赤という3色のボディカラーが用意され、カーボンのルーフとダッシュボードにはストライプが入ります。

もくじ

直列6気筒エンジンは450ps仕様
DTMが行われるニュルブルクリンクで公開

直列6気筒エンジンは450ps仕様

BMW Mは、そのモータースポーツにおける長年の歴史を讃える特別仕様車「M4エディション ///Mヘリテージ」を発表した。

750台の限定生産となるM4エディション ///Mヘリテージは、既存のM4クーペをベースに、BMW Mのロゴを思わせる特別な内外装で仕立てられている。車名の「///M」は、あの有名なロゴを表しているのだ。最高出力450psと最大トルク56.1kg-mを発生する3.0L直列6気筒ツインターボ・エンジンは、現行のM4クーペ・コンペティションと同じ仕様だ。


ボディカラーは、BMW Mの前身であるBMWモータースポーツ時代から使われている3色のストライプにちなみ、水色(ラグナセカ・ブルー)、青紫(ベルベットブルー・メタリック)、赤(イモラ・レッド)の3色から選べる。2019年11月から2020年4月の間に、世界で750台が限定販売されるという。

さらにルーフには、カーボンファイバーにBMW Mの3色を色づけした特別なストライプが施される。また、マットなオービット・グレイ仕上げの20インチ軽量鍛造アロイ・ホイールも装着する。

DTMが行われるニュルブルクリンクで公開

インテリアは、ボディカラーに合わせた2トーン・レザーとコントラスト・ステッチが用意される。ラグナセカ・ブルーとベルベットブルー・メタリックのボディには、シルバーストーン/ブラックのレザーに、ターコイズまたはベルベットブルーとオレンジのステッチが入る。そしてイモラ・レッドのボディでは、レッド/ブラックのレザーに黄色と赤のステッチが組み合わされる。

ヘッドレストにはステッチと同色の糸で「エディション ///Mヘリテージ」のロゴを刺繍。ダッシュボードのカーボンファイバーにも3色のストライプが入る。ダッシュボードとドアシルプレートには、ロゴに加えシリアルナンバーが刻まれる。

この限定モデルは、9月13日から15日にドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)が行われるニュルブルクリンクで一般公開される予定だ。

 

人気記事