お手頃ドライバーズカー選手権2019(1) フォーカスSTとアバルト595、ミニJCW

公開 : 2019.09.21 07:50  更新 : 2021.03.05 21:37

ミニらしさが足りないミニ・クーパーJCW

今回のBBADCのラインナップの中では、サイズやパワー、レイアウトなでアバルト595と直接的にライバルとなるモデルはいない。だがイタリアン同様にチューニングを受けたミニの、ジョン・クーパー・ワークス(JCW)はどうだろう。この新しいミニ・クーパーJCWには、ターボを搭載した2.0Lの4気筒エンジンが搭載され、新しい環境基準のWLTPに準拠させつつ、最高出力は231psを誇る。

試乗車はマニュアルの3ドア。リミテッドスリップデフとブレーキによるトルクベクタリング機能が付く。アバルトはリアサスペンションがトーションビーム式だが、ミニJCWはインディペンデント式。見た目の質感もいいし、速く楽しい。まるで前輪の上に座っているかのように思える。

ミニ・クーパーJCW(ジョン・クーパー・ワークス)とマツダMX−5ロードスター 2.0 SE-Lナビ、アバルト595コンペティツィオーネ
ミニ・クーパーJCW(ジョン・クーパー・ワークス)とマツダMX−5ロードスター 2.0 SE-Lナビ、アバルト595コンペティツィオーネ

ワインディングを走らせれば、ミニの走りは爽快感にあふれている。ダイレクトなステアリングフィールが、クルマをラインどおりに正確に走らせる自信を生んでくれる。即時的にクルマの向きを変えていけるダイレクト感と、腰がありしなやかなダンパーの組み合わせで、不安感なく速く走らせていける。だが、気になる点もなくはない。

「少しシリアス過ぎる、まったく別のミニ。ノイズやドライビングフィールなど、すべてが正しいのですが、このミニというブランドが生むスーパー・ミニに期待するものが欠けています。コンパクトなサイズを活かし、ライバルを出し抜く走りです」 とマット・ソーンダースは冷静に的確なコメントを残した。

スランドウ・サーキットの滑らかな路面で、ミニの至らない点が顕著になる。ボディの動きは良い。ノーズは鋭くコーナーに食い込み、スロットル・オフでさらにタックインし、テールが弧を描くように追従する。しかし、バレーダンサーのように軽快で面白みのあるハンドリングではない。昨年の勝者、フォード・フィエスタSTのような生き生きしたものが薄いように思う。

アバルト595とミニは実力派のホットハッチの中で厳しい評価となってしまった。個性という面では悪くないし、ミニJCWは速く走れるクルマとしての質感は高いのだが。

続きは(2)にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事