190psディーゼルの「ST」 フォード・フォーカスSTエステート2.0に初試乗

2019.09.01

100字サマリー

フォード・フォーカスの高性能グレードとなるSTにも、ディーゼルエンジンを搭載したモデルがあります。かつては日本でも通好みのモデルとして人気のあったフォード・フォーカスですが、欧州では今も支持は健在。南フランスで評価しました。

もくじ

ディーゼルエンジンでも0-100km/h加速は7.7秒
急斜面でも余裕の低回転域でのトルク
グリップレベルやハンドリングは良好
エステートボディの大容量に燃費をプラス
フォード・フォーカスSTエステート2.0 エコブルーのスペック

ディーゼルエンジンでも0-100km/h加速は7.7秒

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

フォード・フォーカスの高性能グレードがSTシリーズ。2.0Lのエコブルー・ディーゼルエンジンを、ハッチバックとエステートでも選択できる。

今回取り上げるのはステーションワゴンのエステートで、フォーカスの中では最もパワフルなディーゼルエンジンを搭載したモデル。だが、2.3LガソリンのSTエコブーストが発生させる280psと比較すると、だいぶ大人しいスペックではある。

フォード・フォーカスSTエステート2.0 エコブルー
フォード・フォーカスSTエステート2.0 エコブルー

また、エコブーストを搭載したクルマでは選択できる7速ATは、エコブルーでは選択できず、組み合わされるのは6速MTのみ。車重も42kgもかさむから、パフォーマンスの面でもかなわない。フォードによれば、0-100km/h加速に要する時間は7.7秒だとしており、決して遅いとはいえないものの、エコブーストが5.8秒でこなすことを考えると、その差は明らかだ。

サスペンションは、フォーカスSTエステートに採用されるのは通常のパッシブダンパー。だがオプションでアクティブ・ダンパーの選択も可能。ちなみにハッチバックではアダプティブ・ダンパーが標準装備となっている。ディーゼルエンジンを選ぶと、知的な電子制御リミテッド・スリップデフも付いてこない。

そのかわり経済性ではエコブーストより優れている。フォードによる燃費は20.7km/Lとされており、価格も3万595ポンド(397万円)。エコブーストより2500ポンド(32万円)ほど安価だ。

 
最新試乗記