日産X-トレイル、アメリカでテスト

公開 : 2013.08.14 10:21  更新 : 2017.06.01 02:15

来月のフランクフルト・モーターショーで公開される予定の、日産X-トレイルがアメリカでテストを受けている姿をキャッチした。

英国では今年の後半からの販売が予定されているモデルで、X-トレイルは日産のラインナップの中でも非常にはっきりとしたポジショニングが与えられたモデルとなる。というのも次世代のキャシュカイは来年初めにデビューする予定だが、7シーターの設定がないので、X-トレイルが日産では唯一7シーター・レイアウトを持つモデルとなるからだ。
日産は、2012年のジュネーブ・モーターショーのハイクロス・コンセプトで新しいX-トレイルの姿を公表した。この新しいX-トレイルは前モデルよりも一般道に適した乗り心地とハンドリングが与えられるとされている。しかし、オフロード性能が犠牲にされるものではないと、情報筋はコメントしている。オプションの4WDモデルであれば、現在のモデルと同じぐらいオフロード走破能力が確保されているという。

一方、前輪駆動モデルは、現行モデルよりも経済性とエミッションがかなり向上しているとされる。エンジンは現行X-トレイルにも搭載される2.0ℓディーゼルだが、かなり手が加えられているという。また、インテリアのデザインとクオリティも大幅にアップしている。更に、標準装備となるエクイップメントも豪華になっている。

新しいX-トレイルは、フォード・モンデオやヴォグゾール・インシグニアといったサルーンをひとつのターゲットとしている。また、フランクフルト・モーターショーで登場する予定のフォードS-マックスもターゲットだ。

「キャシュカイの人気をベースとしつつ、その成功をDセグメントにも引き継ぎたい。」と日産の情報筋は語っている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事