【石油王が求めた贅沢】メルセデス・ベンツ600 グラスルーフに広がる欲望 前編

公開 : 2020.02.08 07:20  更新 : 2021.02.02 12:41

贅沢を極めたリアシートに広がる景色

メルセデス・ベンツ600のリアシートの方は、複数のボトルが収められるミニバーが設えられ、ドアにはシガーパイプのホルダーも付いている。リアウインドウにはガラス製のディフレクターを追加。新鮮な空気を取り入れながら走っている時、風圧で生まれるバッファリングを減らしている。

小さなドアハンドルは、クルマの大きなボディとは不釣り合い。銀製のスプーンにも見えるが、ダッシュボードに並ぶ金属製の装飾との調和は取れている。ダッシュボード自体も皮革で覆われ、当時物のベッカー・メキシコTRのカーラジオが収まる。

メルセデス・ベンツ600リムジーネ
メルセデス・ベンツ600リムジーネ

ドアを開くと、サイドシルの上面にはコーチビルダーが付け替えたキックプレートがお出迎え。繊細なフレンチ・スタイルが、巨大なドイツ製自動車の雰囲気を柔らかいものにしている。

ボディは、見事な深みを持つ翡翠のようなグリーンに塗り直されている。リアピラーとルーフ外周はピスタチオのような柔らかい色が指定された。

コーチビルダーのアンリ・シャプロンは、いつもどおりドアに小さなモチーフをあしらった。ボディサイドにはゴールドのピンストライプが入っている。

このメルセデス・ベンツ600の見どころはなんといっても巨大なトリプレックス・ガラス。もとのルーフラインに合わせて美しく曲面を描くように成形されている。

負荷がかかるためか、それぞれのコーナーには僅かなヒビが見られる。メルセデス・ベンツ社のエンジニアの判断が正しかったことを示している。だが、例えそうでも、この野心的なグラスルーフからの眺めは価値がある。

続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事