【一部はSクラスより高度】メルセデス・ベンツEクラス 大幅改良 3月発表へ

2020.01.26

サマリー

大規模なマイナーチェンジを受ける、メルセデス・ベンツEクラスのプロトタイプの助手席へ試乗しました。2020年3月のジュネーブモーターショーで発表が予定されています。改良が続けられている内容の一部をご紹介しましょう。

もくじ

レベル2の運転支援システムなどを追加
アバンギャルドが標準トリムグレード
アウディA6やBMW 5シリーズの好敵手

レベル2の運転支援システムなどを追加

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
「これまでメルセデス・ベンツが行った中でも最大規模のフェイスリフトとなります。見た目は隠されていますけれど」 開発を指揮するミヒャエル・ケルツは、偽装されたメルセデス・ベンツEクラスのボンネットに触れながら話す。

今いるのは、ネオンサインが華やかなラスベガスからさほど遠くない一般道。マイナーチェンジを受けるEクラスのテストドライブに、プロジェクトリーダーが同行を許してくれた。間もなく開かれるスイス・ジュネーブモーターショーでの発表が控えている。

メルセデス・ベンツEクラス・プロトタイプ
メルセデス・ベンツEクラス・プロトタイプ

日本では2016年に発売された5代目のEクラス。わたしの隣に停まっているEクラスからは、幅の広がったフロントグリル、リデザインされたフロントバンパーやトランクリッドなど、手直しを受けたスタイリングの確認はできない。

マイナーチェンジでは、デザインだけでなく、数百もの細かな改良が加えられているという。「すべてのコンポーネント単体を検証し、改善できるかどうかを評価しました」 とケルツ。

「最大の変更点は、電装系システムのアップデートです。レベル2に相当する新しい運転支援システムの追加を可能としています。加えて最新の(自車と周辺を走行するメルセデス・ベンツ車両との)通信システム、Car-to-Xコミュニケーションにも対応します。特定の機能に関しては、Sのクラスよりも高度なものになっています」

 
最新試乗記

人気記事