【SUVのSクラス】新型メルセデス・ベンツGLS 400dに試乗 乗り心地以外は期待通り

2020.01.02

サマリー

SUVのSクラスと表現される最上級モデルがGLS。高級感溢れる車内と、驚くほど上質でパワフルなディーゼルエンジンを搭載していますが、乗り心地が水を指している様子。英国で評価しました。

もくじ

3代目に進化したSUVのSクラス
Sクラスの期待に及ばない乗り心地
輝く発進や停止時の力強さとマナー
スタイリングを取るかハンドリングを取るか
メルセデス・ベンツGLS 400d 4マティック AMGライン・プレミアムのスペック

3代目に進化したSUVのSクラス

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
巨大なメルセデス・ベンツ製SUVのGLSが3世代目に突入した。メルセデス・ベンツ自らSUVのSクラスと表現する最上級モデルでもあり、巨大なボディサイズはそれを象徴するようだ。

全長は5210mmで実際のSクラス以上に長い。本気のオフローダー、Gクラスの全長は4873mmだから、GLSはふた周りほど大きい。2019年の初めにアメリカで試乗をしているが、広大な土地のおかげか、大きなボディサイズを問題に感じることはなかった。

メルセデス・ベンツGLS 400d 4マティック AMGライン・プレミアム
メルセデス・ベンツGLS 400d 4マティック AMGライン・プレミアム

今回は英国での試乗。大きなSUVが入り組んだ町並みに溶け込むことは容易ではない。それでもレンジローバーやアウディQ7、BMW X7などはロンドンでも珍しい存在ではないから、GLSがひとり巨体な転入生というわけでもないけれど。

今回試乗するGLSは400d。随分と大きなボディの割には、比較的合理的なエンジンを搭載している。2.9Lの直列6気筒ターボディーゼルで、330psと71.2kg-mを発生。9速ATと組み合わされ、4輪を駆動する。

英国価格は、AMGライン・プレミアムが7万5040ポンド(1050万円)からで、AMGライン・プレミアム・プラス・エグゼクティブになると9万1540ポンド(1281万円)に達する。

2020年には6気筒のガソリン・ターボエンジンと、合理性に欠けるAMG GLS 63も上陸するだろう。恐らくGLS 63の方は、ちょっとした一軒家が買える値段になるはず。

 
最新試乗記

人気記事