フォルクスワーゲン・ティグアンの1.4TSIエンジンFWDモデルの出力を向上

2013.09.03

フォルクスワーゲングループジャパンは、ティグアンの仕様を一部向上し、9月3日から販売を開始する。

今回の仕様変更は、FWDモデルのティグアンTSIブルーモーションテクノロジーの1.4TSIエンジンの出力を10PS向上させながら、JC08モード燃費は14.6km/ℓと、従来と同じ低燃費を達成したもの。

一方、4WDモデルのティグアン2.0TSIR-Line4MOTIONは、純正ナビゲーションシステム“712SDCW”、パドルシフト及びフルカラーマルチファンクションインジケーターを標準装備したほか、アップグレードパッケージをオプション設定した。

価格は、ティグアンTSIブルーモーションテクノロジーは3,450,000円と据え置き、ティグアン2.0TSIR-Line4MOTIONは4,560,000円となった。

関連テーマ

 
最新国内ニュース