【次期3列シートSUV】インフィニティQX60モノグラフ 量産仕様は2021年発表 北京モーターショー2020

2020.09.25

サマリー

日産が、3列シートSUVのコンセプト「インフィニティQX60モノグラフ」を発表。実車は、明日開幕の北京モーターショーや日産グローバル本社にも登場予定。次期QX60の方向性を示すモデルとなっています。

もくじ

どうなる? 次期QX60
デザインに、日本の間
次世代型 2021年発表へ

どうなる? 次期QX60

日産の高級車ブランド、インフィニティが、次世代型3列シートSUVのコンセプト「QX60モノグラフ」を発表した。

今後、横浜の日産グローバル本社に展示される予定で、26日に開幕する北京モーターショーのインフィニティ・ブースでも披露される。

インフィニティQX60モノグラフ
インフィニティQX60モノグラフ

ファミリー向けSUVにラグジュアリー層を意識したデザインを与えられた本コンセプト。

日産のグローバルデザイン担当専務執行役員であるアルフォンソ・アルバイサは、「わたし達は、未来のQX60の方向性や、さらにはブランドとしてのデザインランゲージがどこへ向かおうとしているかについて、議論を始める格好のチャンスだと考えて、モノグラフのデザインに着手しました」と話す。

外観は、ワイドなスタンス、水平のショルダーライン、力強いホイールアーチが合わさって、風格のあるSUVらしい姿に。

「このモデルを作る際、彫刻的・建築的な観点から、QX60の今までのイメージを変革したいと考えました。重心を上げ、ボンネットまで続く力強い直線的なショルダーライン、特徴的な高いグリル、前後がより長く見えるキャビンを実現し、力強く圧倒的な存在感が出るようにしました」

 

人気記事