【強力版MHEV、「B6」を積む】ボルボXC60 B6 Rデザイン ジワジワ来るスポーティネスは、買い?

公開 : 2020.11.04 05:50

Rデザイン 内外装にも注目

そしてクルマから降りても、ジワるポイントが多々ある。

前述のとおりホイールは21×8.5Jと、上位機種であるはずのT8リチャージの20インチ×8Jをも上回る。

内装では、スマホのワイヤレス充電を採用したほか、オプションで選べるB&Wのプレミアム・サウンド・オーディオシステムがアップデートされている。
内装では、スマホのワイヤレス充電を採用したほか、オプションで選べるB&Wのプレミアム・サウンド・オーディオシステムがアップデートされている。    前田恵介

リム幅の拡大も横方向への食いつきにかなり効いていそうだ。

外観も、水平方向に開口部を広げてワイドさを強調した前後バンパーや、インスクリプションではクロームだった窓枠やルーフレールが総じてブラック仕上げとなるなど、全体としてシュっとしている。

静的質感についても、とくにインテリアのテーマや雰囲気はRデザインらしくスポーティ。

レザーとメッシュのテクスタイルによるコンビのスポーツシートや、インスクリプションではドリフトウッドが定番アクセントとなる部分には精密感のある打ち目のようなアルミパネルが張られている。

同じくアルミ仕上げのペダル&フットレストもRデザインならではのところだ。

トッピングではないスパイシーなMHEV

またMY2021からの変更点として、センターコンソールにはスマートフォンをワイヤレス充電できるCI規格のトレイが設けられた他、オプションで選べるバウアー&ウィルキンスのオーディオシステムはスピーカー素材を従来のケブラーからコンティニュアスコーンに変更している。

以前はクリアで澄み切った音という印象だったが、全域の表現力でふくよかさが増しており、加えて「ジャズクラブ・モード」が選べるようになった。

ボルボ日本法人は、2020年中に、SUVモデルのXCシリーズ以外も含め、全車の電動化を完了する。
ボルボ日本法人は、2020年中に、SUVモデルのXCシリーズ以外も含め、全車の電動化を完了する。    前田恵介

これまでもボルボ本社のあるイエテボリ市のコンサート・ホールが設定されていたが、今回は市内のジャズクラブの音響を再現しているというのだ。

それは、ただ可能だから加えてみました的な機能拡張ではなく、「愛車で過ごす時間がホーム感覚」の表れでもある。

「ジャズはお好き?」とボルボに聞かれて、「北欧メタルが好き」と答える人も決して少なくないとは思うが。

いずれスポーティだけどポン付け臭は漂わず、地に足ついたようでピリッとした生活感または生活観が漂うクルマとして、ボルボXC60 B6 Rデザインは、オルタナティブに対して敏感かつ肯定的になれる今日びの空気や気分を巧みに読み切っている。

何とか800万円アンダーに収まった車両価格といい、プレミアムなミドルSUVとして強烈な存在感を放つ1台だ。

関連テーマ