【シザードア採用】ポルシェ・ル・マン・リビング・レジェンド 550スパイダーの精神的後継モデル ミュージアム所蔵モデル公開

2020.11.22

サマリー

ル・マン24時間レースで鮮烈なデビューを果たしたポルシェ550。そのスピリットを受け継ぐル・マン・リビング・レジェンドは、ボクスターをベースに開発されました。シザードアの採用など特別仕様となっています。

ボクスターベースのレーシングマシン

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ポルシェ550は、純粋なスパイダーとして多くの人々の記憶に残っている。

しかし、モータースポーツ向けに設計され、シュトゥットガルト・ツッフェンハウゼンで生まれた550は、実はルーフを閉じた状態でル・マンに参戦し、そのキャリアをスタートさせた。

ポルシェ・ル・マン・リビング・レジェンド
ポルシェ・ル・マン・リビング・レジェンド    ポルシェ

約550kgのボディ中央に78psのエンジンを搭載し、1953年のル・マン24時間レースでデビュー。ヘルムート・グロックラーとハンス・ヘルマンがハンドルを握っていた。

2016年、ヴァイザッハのデザインチームはこの先駆的な550にインスピレーションを受け、ポルシェ・ボクスターをベースにしたエクストリームなロードスポーツカーを製作した。

それがポルシェ・ル・マン・リビング・レジェンドだ。

そのデザインにはレーシング・スピリットが息づいている。ドアとリアのリッドは上方向に開き、燃料補給はフロント中央のフィラーで行い、レースナンバーを誇らしげに身にまとっている。

リアサイドウィンドウの大きなエアインテークは、レース用エンジンが搭載されていることを示している。

広い意味で、レース志向のル・マン・リビング・レジェンドは、今日の718ケイマンGT4の前身と言えるだろう。

 

人気記事