【最新デザインの基礎】ポルシェ・ビジョン・スパイダー 伝説のカレラ・パナメリカーナにインスピレーション ミュージアム所蔵モデル公開

2020.11.22

サマリー

かつて名優が愛用したスポーツカーと、伝説のカレラ・パナメリカーナで華々しい戦果を挙げたレースマシンにインスピレーションを受けたポルシェ・ビジョン・スパイダー。そのスタイリングは同社のデザインに影響を与えました。

メモリアルな550にオマージュ

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

俳優のジェームズ・ディーンは、ポルシェの歴史に残る偉大なヒーローの1人だ。ディーンが愛用したシルバーのポルシェ550スパイダーは、「リトル・バスタード」というニックネームを与えられ、人々の記憶に焼き付いている。

2019年にビジョン・スパイダーが作られたとき、ポルシェのデザインチームが思い浮かべていたのは550スパイダーだった。

ポルシェ・ビジョン・スパイダー
ポルシェ・ビジョン・スパイダー    ポルシェ

だが、それだけではない。ポルシェ550/1500 RSスパイダーもまた、ボリューム、寸法、フォーマルなデザイン要素のインスピレーションの源となっていた。

ハンス・ヘルマンは、1954年に開催された伝説のカレラ・パナメリカーナで、このレーシングカーを駆ってメキシコを南北に3000km以上走行し、クラス優勝と総合3位を獲得した。

スパルタンなコックピット、ミッドマウント・エンジンを覆うフラットなラジエーターグリル、赤いレーシング・ストライプ、リアのフィンなど、明らかにカレラ・パナメリカーナのレーサーを思い起こさせるものとなっている。

ポルシェによると、このマシンは、同社の内燃機関搭載スポーツカーのデザイン・アイデンティティをさらに発展させるための基礎となったという。

ヘッドライトの垂直配置やロールバーなど、空力的・機能的な要素が、ポルシェのデザイン言語の一部として採用された。

 

人気記事