【限定わずか18台/詳細は?】アストン マーティン、DBXボウモア・エディションを発表 オーナーは特別な体験も

公開 : 2020.12.09 11:45

アストン マーティンは、シングルモルト・ウイスキー蒸留所のボウモアとのパートナーシップを記念して、限定18台のDBXボウモア・エディションを発表しました。

英国ラグジュアリー・ブランドの融合

アストン マーティンは、伝説的なシングルモルト・ウイスキー蒸留所であるBowmore(ボウモア)とのパートナーシップを記念して、Qバイ・アストン マーティン仕様の特別なDBXを発表した。

DBXボウモア・エディションは、2つの英国のラグジュアリー・ブランドによるパートナーシップを祝い、究極のパーソナライゼーション・サービスを提供するQバイ・アストン マーティンによって製作される。

DBXボウモア・エディション
DBXボウモア・エディション    アストン マーティン

わずか18台のみが限定生産されるDBXボウモア・エディションのオーナーには、ボウモアの蒸留所があるスコットランド・アイラ島を訪問する特別な機会が提供される。

2019年に発売されたDBXは、専用に設計されたボディ構造と独自のスタイルを有する5人乗りSUV。550psの最高出力と71.4kg-mの最大トルクを発生させる4LツインターボV8エンジンを搭載する。

ボウモア・ブランドを象徴するエクステリア

DBXボウモア・エディションは、ボウモア・ブルーと呼ばれる印象的なボディカラーを纏う。このカラーは、アストン マーティンの長い歴史の中で使用されてきたカラー・アーカイブの中から、Qバイ・アストン マーティンがこのモデル専用に復活させたもの。

また、好みに応じて他のボディカラーを選択することも可能。例えば、追加の選択肢として提供されるキセノン・グレーと呼ばれるカラーは、見る角度によって青みがかった色が浮かび上がるカラー。

DBXボウモア・エディション
DBXボウモア・エディション    アストン マーティン

DBXのサイドストレーキには、ボウモアの長い伝統に敬意を表して、オリジナル・ウイスキーの銅を使用したボウモア・ブランドのコッパー・インレイをアクセントとして採用する。

オプションのブラック・ブレーキ・キャリパーは、艶消し仕上げのホイールに繊細な印象を与え、アストン マーティン・ウイング・エンブレムとスクリプト、「Q by Aston Martin」のフェンダー・エンブレムが、エクステリア全体をエレガントに演出する。

インテリアにもボウモアのアクセント

インテリアには、オブシディアン・モノトーン、またはコッパー・タン・メタリック/オブシディアン・デュオトーンのいずれかを選択可能。どちらのトリムを選択しても、スコットランド・アイラ島を象徴する、ボウモア・ツイードのアクセントが採用される。

ボウモア・ツイードは、1883年に設立され、毛織物製品で世界的に有名なアイラ・ウーレン・ミル社によって作成されたもので、その繊細で洗練されたデザインは、ボウモアとアイラ島の自然を反映し、アイラ島のテロワールと湖にヒントを得たコッパー、およびブルーのカラーが特徴。

DBXボウモア・エディション
DBXボウモア・エディション    アストン マーティン

さらに、研磨仕上げの銅製カップホルダーや、ボウモアの蒸留器からリサイクルされた銅で作られたシルプレートなど、Qバイ・アストン マーティンによる数多くのデザイン・ディテールが採用される。

また、グロスブラックのセンターコンソール・トリムインレイは、特注の手作業による銅箔で飾られる。ボウモア・ツイード・ピクニック・ブランケットやレザー製旅行カバンなど、Qバイ・アストン マーティンが特別にデザインしたアクセサリーも付属する。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像