【雪道でもeパワー】日産、新型ノートeパワー4WDを発表 2WDは12/23-発売開始 オーテックも価格公表

公開 : 2020.12.23 19:36

日産は、2020年12月23日、新型ノートeパワーに4WDを設定し、2020年度内に発売すると発表しました。これと同時にオーテックの価格も公表されました。

もくじ

日産の電動化技術を取り入れた4WD
オーテックも価格公表

日産の電動化技術を取り入れた4WD

日産は、2020年12月23日、新型ノートeパワーの4WDを発表した。4WDモデルは、2020年度内に発売する予定。2020年11月24日に発表した新型ノートeパワーの2WDは、先行して2020年12月23日より販売が開始された。

新型ノートeパワー4WDは、全車速域において四輪すべてを強力なモーターで駆動・制御する本格電動四輪駆動システムを搭載するモデル。

日産ノートeパワー4WD
日産ノートeパワー4WD    日産

リアには、前型の約14倍の駆動力を発生する50kWのモーターを採用。さらに日産独自の、前後独立モーターを瞬時に制御する技術により、ドライ路面はもちろん、ウェットやアイスバーン、深い雪道などといったあらゆる路面状況において、力強い走りを実現する。

さらに、四輪を滑らかに駆動するため、滑りやすい路面でも安定感のある力強い発進や加速を可能とした。減速時は、四輪の減速力を高精度に制御するため、車体をフラットに保ったまま安定して減速することが可能。

加えて、後輪に回生制御を追加したことで、エネルギー回収効率も向上させた。 コーナリングにおいては、前後の駆動力の配分を自在に変えることが出来るため、滑りやすい路面でも性能を発揮する。

ノートeパワー4WDの価格は、228万8000円(S FOUR)から244万5300円(X FOUR)。

また、オンラインで新車を注文できる定額利用サービス「ニッサン・クリックモビ」においても、近日中に新型ノートの2WDの取り扱いを開始する予定という。

オーテックも価格公表

4WDモデルの発表と併せて、日産の関連会社であるオーテック・ジャパンは、2020年12月23日、新型ノートのカスタムカーのオーテック、および新型ノートeパワー4WDをベースとした助手席回転シートを設定し、日産の販売会社を通じて2020年度内に発売する予定と発表し、価格を公表した。

オーテックは、オーテック・ジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを特徴とするブランド。

日産ノート・オーテック
日産ノート・オーテック    日産

素材などの細部にまでこだわりを持つユーザーに向けたブランドで、プレミアム・スポーティをコンセプトとする。また、オーテック・ジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラー。

2代目となる新型ノート・オーテックは、新型ノートに高級感や特別感を高めたモデルとしてデビューする。

エクステリアには、どの角度から見ても美しく輝くようにデザインしたドットパターンのフロントグリルや、専用デザインのアルミホイールを採用。低重心とワイドスタンスを印象付けつつ、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツを車体下部に装備。

フロントバンパーには、オーテック専用のブルーのシグネチャーLEDを採用することで、昼夜問わず一目でオーテックとわかるスタイルに仕上げた。

インテリアは、シート地に、柔らかな手触りで体に馴染むレザレットを採用し、海面の波の動きをモチーフにした模様を施した。インストパネルには、鮮やかな木目が特徴的な素材の紫檀(シタン)の柄にダークグレー色を施しつつ、ブルーに光るパールをあしらった。

また、ハンドルやシートなどにブルーを配し、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネート。さらに、後席中央にアームレストを装備するなど、上質な素材とこだわりのディテールにより、「ワンランク上のエレガントな空間を演出した」という。

ボディカラーは、オーロラフレア・ブルーパール、ピュアホワイトパールそれぞれに、スーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラー、そして、ミッドナイトブラックをオーテック専用カラーとして設定。全8色のカラーバリエーションとした。

ノート・オーテックの価格は、250万4700円(X)から276万3200円(X FOUR)。同時に発表されたノート助手席回転シート(4WD)の価格は、254万4300円。

 

人気記事