【空力性能は新領域へ?】新型マクラーレン・セイバー公開 米国向け15台限定モデル

公開 : 2020.12.24 18:45

英マクラーレンが開発を進めていたニューモデル、セイバーが公開されました。米国向けに15台限定で生産されます。セナをベースにエアロパーツを大幅に改良するとともに、エンジン出力も835psまで高めています。

ル・マン参戦マシンのようなスタイリング

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

英マクラーレンの最新モデル、セイバーが発表された。米国向けに15台のみが生産される限定モデルとなる。

マクラーレンの特注部門が製作したセイバーは最高速度350km/hに達すると言われており、同社がこれまでに生産した2シーターの中では最速となっている。

マクラーレン・セイバー
マクラーレン・セイバー    マクラーレン

セイバーの詳細はまだ明らかにされていないが、チューニングされた4.0L V8ツインターボを搭載し、835psを発揮するという。セナよりも35ps多いが、トルクは同じ81.5kg-mだ。

米国でのホモロゲーション要件が比較的緩いことから、セナをベースに大規模なボディ改造が施されていると予想される。

ルーフ中央のLMP1風のフィン、巨大なリアディフューザー、特徴的な3スラットウイングにより、空力性能は「新たな限界」に到達したと言われている。

今年初めにサーキットで行われたプロトタイプのテストでは、顧客が自分たちの要求に合わせてマシンのダイナミクスを設定していたと言われている。

価格は公表されていないが、邦貨換算で1億円を超えると思われる。