【お披露目延期も期待値上昇中】東京2020オリ・パラにあわせて登場するはずだったクルマとは?

公開 : 2021.01.05 08:25  更新 : 2021.10.09 23:41

コロナ禍によって延期された東京2020オリ・パラ。選手だけでなく登場が注目されていたクルマがあったのです。どんなクルマがお披露目される予定だったのでしょうか。

華やかにデビューするはずが…

text:Kenichi Suzuki(鈴木ケンイチ)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

コロナ禍によって2020年夏に予定されていた東京2020オリンピック・パラリンピックは延期となってしまった。参加を予定していたスポーツ選手にとっては一大事であったが、実は自動車業界にとっても大ごとであったのだ。

それは、東京2020オリンピック・パラリンピックにあわせてお披露目を予定していたクルマやイベントが存在していたのだ。

トヨタeパレット
トヨタeパレット    トヨタ

それがトヨタだ。トヨタはワールド・ワイド・パートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピックに約3700台を提供する予定であったのだ。しかも、その約3700台のうち、約9割が電動車であり、その内にはEV約850台、FCV約500台が含まれていた。トヨタ製EVというのは、現在の量産車に存在しないということで、そのほとんどが新型車であった。

残念ながら2020年の開催が延期になり、新型車のお披露目もあわせて延期になった。しかし、2021年に改めて東京オリンピック・パラリンピックが開催となれば、そうした新型モデルが当然、デビューすることになるのだ。

目玉はMaas専用車両のeパレット

東京オリンピック・パラリンピックでお披露目される新しいEV。その筆頭となるのがeパレットだ。

トヨタ初のMaas専用EVとして、2018年のCESにて発表された、箱型の自動運転機能付きのEVである。オリンピックでは、選手村に十数台が導入され、巡回バスとして選手や大会関係者の移動を助ける予定だった。

トヨタeパレット
トヨタeパレット    トヨタ

一人のオペレーターが搭乗するものの、基本的には「レベル4」相当の自動運転で運行が予定される。2020年12月22日の発表では、2021年に着工予定の静岡県裾野市のウーブン・シティでeパレットの運用試験・開発が予定されているという。

また、他の都市などからも問い合わせがあり、相談しているところだという。そういう意味ではeパレットは2021年に日本の路上デビューする可能性は非常に高いといえるだろう。

ちなみにeパレットは、車体だけでなく、運用管理システムとセットで開発が進められているという。また、車両はトヨタ以外の自動運転システムにも対応する柔軟性を備えているという。東京オリンピック・パラリンピックを契機に、本格的な実用化を目指すというわけだ。

記事に関わった人々

  • 鈴木ケンイチ

    Kenichi Suzuki

    1966年生まれ。中学時代は自転車、学生時代はオートバイにのめり込み、アルバイトはバイク便。一般誌/音楽誌でライターになった後も、やはり乗り物好きの本性は変わらず、気づけば自動車関連の仕事が中心に。30代はサーキット走行にのめり込み、ワンメイクレースにも参戦。愛車はマツダ・ロードスター。今の趣味はロードバイクと楽器演奏(ベース)。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像