【本命登場か】日産ノートに3ナンバー・モデル追加? ニスモ登場の予感

公開 : 2021.02.14 05:45  更新 : 2021.03.05 21:33

ニスモ登場の予感

筆者が3ナンバーとなったボディを見たところ、無理やり全幅を広げたようなチグハグ感はなく、むしろ先行した5ナンバーサイズモデルがなんとか全幅を1695mmに収めたように見えるほど。

恐らく今後はグローバルに展開していくであろうノートということを考えれば、こちらが標準ボディであり、日本向けはあえてナローボディを採用したともいえるかもしれない。

日産ノート・ニスモ(先代モデル)
日産ノート・ニスモ(先代モデル)

実際、トヨタのカローラ&カローラツーリングでは日本仕様は一回り小さなボディを採用している。販売台数が見込めるグローバルなモデルだからこそできる芸当といえるかもしれない。

また、先代モデルで人気を博したスポーツモデル「ニスモ」の登場も待たれるところだが、コーナリング性能を考えればトレッドを広げることができる3ナンバー・ボディが有利であることは火を見るよりも明らかである。3ナンバー・モデルの登場とともにリリースされる可能性もあるだろう。

内装ではメーターに12.3インチのフルデジタル液晶メーターを採用し、より先進感を向上させたほか、先代モデルで人気だったプレミアムホワイトインテリアを思わせるベージュ、白系の内装色も設定。

さらにヘッドレストにスピーカーを埋め込んだボーズ(BOSE)製のプレミアムオーディオシステムも用意されるようだ。

パワートレインも発電用エンジンとモーターの型式こそ不変であるが、モーター出力が向上されており、車格に見合った動力性能も実現。ただ、スカイラインに搭載されているプロパイロット2.0は搭載されず、ベース車と同等のナビリンク機能付きのものにとどまる。

すでにベース車の時点でオプションを満載すると軽く300万円をオーバーする価格となってしまうことで物議を醸した新型ノートであるが、3ナンバーボディとなれば更なる価格アップは必須。

果たして輸入プレミアムコンパクトに匹敵する実力を持ちあわせているのか、正式発表が待たれるところだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事