【フルモデルチェンジ話題】ホンダの慧眼 BセグSUV広めたヴェゼル 

公開 : 2021.02.26 05:45

ヴェゼルのフルモデルチェンジが話題です。新型が続々と投入されるコンパクトSUVを広めたのがヴェゼルです。

全世界でトレンドのBセグSUV

text:Kenichi Suzuki(鈴木ケンイチ)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

いま、自動車業界でトレンドとなっているのがコンパクトなSUVだ。

日本市場でいえば、トヨタライズ/ダイハツ・ロッキーの2020年の大ヒットが目新しい。

ホンダ・ヴェゼル
ホンダヴェゼル

また、日産の10年ぶりとなる新型モデルのキックスや、トヨタのヤリス・クロスなど、数多くのコンパクトSUVが話題を集めている。2月にはホンダのヴェゼルの発表もおこなわれて、大きな注目を集めた。

こうした傾向は日本だけでなく、欧州でも顕著だ。フォルクスワーゲンTクロスアウディQ2プジョー2008シトロエンC3エアクロスなど、数多くのコンパクトSUVが販売されている。

そのどれもがいわゆるBセグメント相当のSUVだ。多くのモデルが、Bセグメント・ハッチバック車をベースにしたエンジン横置きFFベースのSUVというのも共通点だ。

しかし、これらのコンパクトなBセグメントSUVが増えたのは、そう古い話ではない。

日本車のライズ/ロッキー、キックス、ヤリス・クロスは、どれも2019年末から2020年にデビューしたばかり。

欧州のモデルも、その大半は直近3~4年で生まれている。つまり2010年代後半だ。

しかし、その前となる2010年代前半に誕生し、BセグSUVの波を大きくした貢献者がいる。その1つが2013年に誕生したホンダのヴェゼルだ。

ジュークが開拓、ヴェゼルが広める

ヴェゼルが誕生した2013年当時のトレンドは、もっと大きなサイズのSUVであった。

まだ小さなBセグSUVというムーブメントは生まれていなかったのだ。

ホンダ・ヴェゼル(初代)
ホンダ・ヴェゼル(初代)    ホンダ

正確にいえば先鞭をつけたのは、2010年に誕生した日産のジュークだろう。しかし、ジュークのヒットは限定的であった。日本国内の販売ランキングでは最高で2011年の18位。ベスト10は、はるか遠いという結果だ。しかも、それ1モデルだけでムーブメントは生育できない。

しかし、ジュークが見つけたアイデアを大きく開花させる存在があった。それがホンダのヴェゼルであり、プジョーの2008(2013年誕生)の2モデルだ。

とくにヴェゼルの貢献は大きい。日本市場でいえば、登場直後の2014年に年間販売ランキングで7位にランクイン。2015年に9位、2016年に8位というヒットモデルとなった。

また、日本だけでなくHR-Vの名前で欧米をはじめ中国やアセアンで幅広く販売されており、すっかりホンダを支える主要なグローバルモデルという地位に収まっているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像

×