【ハンドリング輝くワゴン】プジョー508 PSE SW ハイブリッド4へ試乗 1.6LのPHEV 後編

公開 : 2021.04.30 08:25  更新 : 2021.07.27 14:50

ハンドリングの魅力を引き出すことに成功

508 PSEで特筆すべきは、安心感を抱ける操縦性。クイックなステアリングと、ロールが抑えられ落ち着きのあるサスペンションが組み合わさり、操る自信が湧いてくる。1875kgの車重も巧みに隠せている。

軽快なハンドリングは、全方向に熟成されたホットハッチのよう。リアモーターが絶妙にバランスを中和する機能を果たし、アンダーステアをなだめている。

プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)
プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)

機敏で自由度も高い。フロントタイヤはシャープに反応し、コーナーではブレーキを引きずりながらボディを旋回させていける。そこまで気張らない時でも、シャシーはピタリと路面に追従。ラインを縫える。

コーナーの頂点に、パイロットスポーツ4Sの側面を寄せていくのも難しくない。素直で粘りのある動的特性が、積極的に運転したい気持ちを駆り立てる。曖昧なブレーキペダルの感触が、玉に瑕だが。

508 PSE SWへ筆者は強く惹きつけられた。PHEVが知的で効果的で、経済的なだけではない。プジョーがハンドリングの魅力を引き出すことに成功したことが、最大のポイントだ。CO2の排出規制に怯える必要がないクルマとして。

日常的な乗り心地も、損なってはいない。高速道路でも郊外の幹線道路でも、幸せな移動時間を生んでくれる。

運転環境の癖など、気になる部分もなくはない。ロードノイズも大きい。しかし実用的で運転が楽しく、クラスリーダーとまでは呼べないにしろ、ライバルに伍せる内容は備えている。

一度試せば、プジョー508 PSE SWを多くの人が好きになるはず。この記事を読まれた貴方も、その1人に加わるかもしれない。

プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)のスペック

英国価格:5万5795ポンド(836万円)
全長:4778mm(標準508 SW)
全幅:1859mm(標準508 SW)
全高:1420mm(標準508 SW)
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:5.2秒
燃費:49.2km/L
CO2排出量:45g/km
車両重量:1875kg
パワートレイン:直列4気筒1598ccターボチャージャー+ツインACモーター
使用燃料:ガソリン
バッテリー:11.5kWhリチウムイオン
最高出力:360ps(システム総合)
最大トルク:−
ギアボックス:8速デュアルクラッチ・オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事