【キャンピングカーショーの1番乗り】ウィネベーゴ 12m級トレーラーは、スケールが違う

公開 : 2021.04.28 06:45  更新 : 2021.04.28 08:55

全長12mのキャンピング・トレーラー。米ウィネベーゴ・ボヤージュの豪華な車内を撮影。大きいから、ジャパンキャンピングカーショーの搬入も1番乗り。

もくじ

米国製のトレーラーといえば
新型3436FL 車内に潜入・撮影
定置式の大型トレーラー 日本価格は?

米国製のトレーラーといえば

ジャパンキャンピングカーショー2021開幕の前日。会場に1番はじめに搬入されたのが、米ウィネベーゴ社のトレーラー「ボヤージュ・フィフスホイール」だった。

その理由は、このサイズ。

アメリカンな大型トレーラー「ウィネベーゴ・ボヤージュ・フィフスホイールV3436FL」(ジャパンキャンピングカーショー2021)
アメリカンな大型トレーラー「ウィネベーゴ・ボヤージュ・フィフスホイールV3436FL」(ジャパンキャンピングカーショー2021)    AUTOCAR JAPAN編集部

全長×全幅×全高が11.95×2.46×3.8mという巨体だから、他の展示車両よりも先に搬入を済ませる必要があったのだ。

アメリカン・トレーラーなので大きいだろうと思っていたが、実物はカメラに収めるのにひと苦労するほどのスケールだった。

精一杯離れて前方から眺める。

トレーラーの先端(フロントキャップ)は、ヘリコプターの前面ウインドウをおもわす造形で、黒色を帯びたウインドシールドと、青々と光るLEDライトの組み合わせがスタイリッシュ。

右側面にはスライドアウトが1か所、エントランス・ドアが2か所、設置されている。そのうち中央のドアは、ダイニング・キッチンに直結。後方のものはベッドルームへの入り口。

ダブルのエントランスによって、スムーズな動線を確保した。さっそく中に入ってみよう。

新型3436FL 車内に潜入・撮影

室内に足を踏み入れると、アメリカン・ホームという言葉がぴったりのハイグレードな空間が広がる。

展示車は、フロアプラン「V3436FL」というフロントリビング・レイアウトだ。

スタイリッシュなフロントキャップの内側は、ラウンジになっている。キッチン、ベッドルームの写真も撮影することができた。
スタイリッシュなフロントキャップの内側は、ラウンジになっている。キッチン、ベッドルームの写真も撮影することができた。    AUTOCAR JAPAN編集部

車体前方はラウンジになっており、優雅なシートが乗員を迎える。左右のスライドアウトに配置されているシートは、1.72×1.12mのベッドになる仕組み。

大型液晶モニターは電動格納式。ボタン操作でせり上がってくるので、顧客を招いてプレゼンテーションを行うなど、この空間はビジネスシーンにも活用できるスペースとなっていた。

ラウンジから後ろを振り返れば、トレーラー中央のダイニングとキッチンを見下ろすことができる。

コの字型の調理台にはステンレスのシンクと、ガスレンジが備わり、冷蔵庫(226L)とテーブル&4脚のチェアは通路の反対に位置する。

定置式の大型トレーラー 日本価格は?

その奥には、バスルームとマスター・ベッドルームがレイアウトされており、それぞれがしっかりとしたドアで仕切られていた。

どちらも「マンション並の天井高」で設計されており、日本人の感覚ではトレーラーのなかとは思えない空間が広がっている。

全長11.95mに達するボヤージュ。4.8m長のLEDライト付き電動サイドオーニングも装備されていた。
全長11.95mに達するボヤージュ。4.8m長のLEDライト付き電動サイドオーニングも装備されていた。    AUTOCAR JAPAN編集部

メインベッドは、スライドアウト式のアイランドクイーンベッド(1.52×2.03m)だ。

ウィネベーゴ社の日本正規代理店、ニートRV(千葉県)が販売する「ボヤージュ・フィフスホイールV3436FL」の価格は1232万円。

ジャパンキャンピングカーショー2021の会場で、ひときわ存在感を放ち、来場者の注目を集めていたこのモデル。

取材に応じてくれたスタッフの方は、「これだけ大きいので、搬入は1番最初に行いました。もちろん撤収は1番最後になりますよ」と、笑顔で教えてくれた。

フラッグシップ・モデルにふさわしい定置式の豪華なアメリカン・トレーラー。一度はこのなかで、のんびりとした時間を過ごしてみたい。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事