ホンダNボックス、どう変わった? 改良で電動パーキング/全車速ACC 新ブランド始動

公開 : 2021.12.16 12:00

ホンダNボックスの改良型が発表! ついに電動パーキングブレーキを搭載。これにより、アダプティブ・クルーズコントロールが進化しています。

改良のポイント/価格/発売日

ホンダのスーパーハイト軽ワゴン「Nボックス」の一部改良が発表された。

電子制御パーキングブレーキ、ACCの渋滞追従機能の追加が大きなトピックである。

Nボックス・カスタム・スタイル+ブラック(プラチナホワイトパール)
Nボックス・カスタム・スタイル+ブラック(プラチナホワイトパール)

顧客のニーズが高かった電子制御パーキングブレーキは、全車に対して標準装備。

これにはオートブレーキホールド機能が付くため、あわせてホンダセンシングのACC機能が、渋滞追従機能付きACCへと進化する形になった。

高速道路の渋滞時などにドライバーの負荷を軽減する人気機能が、とうとう軽の王者であるNボックスに追加されたのだ。

一部改良型Nボックスの発売日は12月17日。

価格は下記のとおりとなっている。

Nボックス:144万8700円~204万2700円
Nボックス・カスタム:178万9700円~225万2800円

じつは、この発表が行われた12月16日は、Nボックスの初代誕生からちょうど10周年となる記念日。

これにあわせて新たなプロダクトラインの始動がアナウンスされた。

「Nスタイル+」第一弾が登場

10周年を機に設定されるのは、Nシリーズの新ブランド「N STYLE+(エヌ・スタイル・プラス)」。

これは、Nのさまざまな世界観を提案し、クルマ選びの楽しさを高める試みだ。

改良型ホンダNボックス・カスタムの内装。電動パーキングブレーキは全車標準だ。
改良型ホンダNボックス・カスタムの内装。電動パーキングブレーキは全車標準だ。

具体的には、一味違うデザインが欲しいというニーズに応えるのが目的で、その第一弾モデルが今回発表されているのでご紹介しよう。

「Nボックス・カスタム・スタイル+ブラック」は、Nボックス・カスタムの各部に、こだわりのブラック・アクセントを配した特別仕様車。

フロントグリル、リア・ライセンスガーニッシュなどに施された「ベルリナブラック」のカラーがその証。

さらに「N-BOX Custom」のエンブレム、脚もとのアルミホイールにも専用のブラック塗装が施されて、スタイリッシュな姿になっている。もちろん、電動パーキングブレーキ化などの改良が適用されている最新仕様だ。

スタイル+ブラックの価格は下記のとおりとなっている。

Nボックス・カスタムLスタイル+ブラック:
192万9400円~206万2500円

Nボックス・カスタムLターボ・スタイル+ブラック:
205万7000円~219万100円

「N」の進化 まだまだ続く?

今春、Nボックスはシリーズ累計販売が200万台を突破した。

また、四輪の新車販売台数においては2015年から6年連続でトップに輝いている。まさに、現代の日本を代表するクルマの1台だろう。

Nボックス・カスタム・スタイル+ブラック(プラチナホワイトパール)
Nボックス・カスタム・スタイル+ブラック(プラチナホワイトパール)

ホンダは、「今後もNシリーズ各機種の個性や世界観と、お客様のニーズをかけあわせたNスタイル+を順次展開していきます」としているから、シリーズを代表するNボックスにも、「N」の世界を広げる新たな価値が付加されていくことだろう。

同社はそのNシリーズの10周年を記念した特別企画展(Nマルシェ:2022年1月15日~2月7日)を、青山本社で開催する。

本展は、マルシェ(市場)に並んだ品々を見て回る形式で、“Nのある豊かな生活”の世界観を体感するコンテンツになるという。

正月から年度末に向けた軽自動車の商戦期に、こうしたイベントを通して一部改良型Nボックスを広くアピールしていく狙いがあると考えられる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事