世界の高回転エンジン 17選 搭載車種を写真で紹介 歴史に残る名車たち

公開 : 2021.12.17 06:05

回して楽しい高回転型エンジン。フェラーリやホンダなど、世界で最も回転数の高いモデルを紹介します。

エンジンでしか味わえない喜び

高回転の内燃機関の音に勝るものはない。レブカウンターの針が赤に近づくにつれ、背筋がゾクゾクと震えてくる。

今回は、市販車に搭載されているエンジンの中で、最も高回転型のユニットを紹介する。いずれも歴史に名を残すであろう名車ばかりだが、中にはレブリミットが5万rpmを超えるものもある……。

高回転型エンジンを搭載したモデルを17台紹介。
高回転型エンジンを搭載したモデルを17台紹介。

ランボルギーニウラカンSTO – 8500rpm

「スーパートロフェオ・オモロガータ」の名を冠するランボルギーニ・ウラカンSTOは、非常に特別な存在だ。サーキット走行に特化したSTOの心臓部は、他のウラカンと同じ5.2L V10で、回転数の上限は8500rpmとなっている。最高出力は640psで、0-100km/h加速を3.0秒で達成できる。

ランボルギーニのV10エンジンを特徴づけているのは、目がくらむようなレブリミットではなく、レッドラインに向かって走る姿である。ターボエンジンを搭載したライバル車とは異なり、ウラカンは自然吸気だ。4輪駆動ではなく、後輪のみを駆動するため、重量においても優位性がある。

ランボルギーニ・ウラカンSTO - 8500rpm
ランボルギーニ・ウラカンSTO – 8500rpm

マクラーレン570S – 8500rpm

マクラーレンの3799ccツインターボV8は、これまでにも特別なユニットであることが証明されてきた。570Sの場合、8500rpmまで気持ちよく回るが、ピークパワーの570psはその1000rpm前で発揮されるので、ドライバーは変速する前に少し余裕を持つことができる。

ピークトルクはさらに低いところから発揮され、5000~6500rpmで最大61kg-mとなっている。車名の由来となった馬力との組み合わせにより、570Sは発進から0-97km/h加速を3.1秒で達成し、最高速度は328km/hに達する。

マクラーレン570S - 8500rpm
マクラーレン570S – 8500rpm

アウディR8 V10 – 8700rpm

アウディR8は、5.2LのV10エンジンをランボルギーニと共有しているが、子会社よりも特別なものを身内に望んでいたようだ。ウラカンの最高回転数が8500rpmであるのに対し、R8の最高回転数が8700rpmなのはそのためだろう。

最高出力の570psは8000rpmで発揮され、7速Sトロニックでシフトアップが必要になるまでの有効なマージンを確保する。アウディによると、各ピストンの速度は毎秒26.9mで、これは時速に換算すると96km/h以上になる。

アウディR8 V10 - 8700rpm
アウディR8 V10 – 8700rpm

フェラーリF12tdf – 8900rpm

究極のマシンに車名をつけるなら、それは特別なものでなければならない。フェラーリF12tdfはまさにそんなモデルだ。1960年代の250GTへのオマージュともいえるルックスに加え、ボンネットの中には標準の512から40psアップした780psの6262cc V12エンジンが搭載されている。

このエンジンは、機械的な摩擦を減らすために工場で慎重に調整され、モーターの内部部品には軽い素材を使用した。その結果、最高8900rpmまで回転しながらも、この上なくスムーズなエンジンとなっている。

フェラーリF12tdf - 8900rpm
フェラーリF12tdf – 8900rpm

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像