ジャガーXFR-Sスポーツブレイク

■どんなクルマ?

4気筒、あるいは6気筒のディーゼル・エンジンを搭載するXFとはその立場を異にする、ジャガー初のハイ・パフォーマンス・ワゴンがこのXFR-Sスポーツブレークである。もし読者諸兄の間で、V8エンジンを搭載するXFエステートが欲しい人がいるならば、今回テストするこのクルマがピッタリの選択肢だということになる。

ひとつ下のグレードとして用意される275psの3.0ℓV6ディーゼルSと比較して、XFR-Sの馬力はその倍の550ps、さらに車両価格は一番高価な6気筒モデルよりも£30,000(444万円)アップとなる。

XFR-Sのほとんどが英国内に的を絞って販売されることは決定済みで、結果的に£80,000(1185万円)は下らない価格になる予定だ。

決して安価ではないにも関わらず、実用性を兼ね備えたワゴンに550psを発揮する(F-タイプRクーペと同じ)5.0ℓV8エンジンを搭載することそのものに、不思議な魅力を感じるのも事実だ。

£82,000(1214万円)は下らない価格は、560psを誇るアウディRS6 アバントよりも74万円高価で、557psを誇るメルセデス・ベンツCLS63 シューティング・ブレークよりもほんの数百ポンド安いことになる。ちなみに4輪駆動のRS6の0-100km/h加速が3.9秒なのに対しXFR-Sは4.6秒であり、ドイツのライバルに比べて法律的な制限により最高速度が300km/hに抑えられたこの車の車両価格は、少し皮肉を込めて言うならば ”野心的” だと言っていいと思う。

通常モデルのスポーツブレークと比較すると、高速走行時のボディの浮き上がりが控えられ、安定性が向上している。フロント・バンパーのエア・インテークは拡大され、リア・ディフューザーはカーボン製になり、リア・スポイラーも大型のものに変更された。20インチの鍛造アロイ・ホイールに組み合わされるタイヤはピレリのPゼロとなる。

またリアのサブフレームの再設計に伴い、元来のエア・サスペンションはスチール製のスプリングに変更され、結果的には30%の剛性向上に成功したという。セダンのXFR-Sに組み合わされている、可変ダンパーと電気可変式リア・ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール・システムがワゴン用の設定に変更され、スポーツブレークにも採用された。

■どんな感じ?

69.4kg-mものトルクは、非常に仕立てのいいZF譲りの8速クイック・シフト・オートマティックを介してリア・タイヤに流れ込む。もはや尊敬に値するスーパーチャージャー加給のV8エンジンは、バラバラという高らかな音を鳴らしながら引きも切らぬ勢いでパワーを供給し続け、ドイツのライバル勢と比較しても全く引けを取らない。

けたたましい音を立てるV8のF-タイプに比べると、キャビンへの音の侵入は控えめではあるが、ダイナミック・モードにスイッチした際のエグゾースト・ノートはやはり只者ならざる雰囲気を醸し出しているのは事実だ。

キツめに締め上げられたサスペンションが災いして、低速での突き上げは無視しがたい。ただし2トン近い車重にも関わらず、ハンドリングのバランスの良さと卓越したフロント・グリップは特筆に値する。

しかしながら、コーナーが頻繁に続く道路ではステアリングの重さに一貫性が失われることに気づかされる。さらには、コーナー入り口でブレーキングをして、再びアクセルを踏み込んだ際のぎこちなさも露呈した。

またウエット路面では、トラクション・コントロールの挙動に対する不満も多々みられが、ジャガー曰く、4輪駆動の車両であれば発生しないとのことだ。

内装はセダンのそれと同じく、黒のレザーにピアノ・ブラック仕上げかカーボン・ファイバー製のトリムが組み合わされ、サイズが大きくサポート性が群を抜くシートとキャビンの上方には、色違いのステッチと縁取りが施される。また大きなサイズのトランク・ルームが用意されてくることは言うまでもないだろう。

550ℓのトランク・ルームはヘッド・レストを外した状態でリア・シートを倒せば1675ℓにまで拡大され、そのサイズはアウディRS6よりかは幾分控え目で、メルセデス・ベンツCLS シューティングブレークよりかは大きい。

■「買い」か?

決してメジャーではないが、速いワゴン車がすきならば、と言ったところだろう。

実際の所、RS6やAMGなどと比べて高速域での安定性や洗礼性には一歩及ばないが、それでもこの車にはドライバーをニヤリとさせるイタズラっぽさがある。

レーシーな雰囲気が剥き出しなXFR-S セダンと比べて実用性が勝ると言う点でも、ドイツ勢と良い勝負になるはずだ。

(アラン・ムーア)

ジャガーXFR-Sスポーツブレイク

価格 £82,495(1,400万円)
最高速度 300km/h
0-100km/h加速 4.6秒
燃費 7.9km/ℓ
CO2排出量 297g/km
乾燥重量 1967kg
エンジン V型8気筒5000ccスーパーチャージャー
最高出力 550ps/6500rpm
最大トルク 69.4kg-m/2500-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

 
最新試乗記

人気記事