マツダ・アクセラを一部改良

2014.08.07

マツダは、アクセラのガソリン・エンジン搭載車を一部改良し、9月1日から発売する。

まず、1.5ℓガソリン・エンジン車(2WD)に、上級モデルとなる15Sツーリングを新設。この15Sツーリングは、中高速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)及び約30〜100km/hの範囲で自動追従走行を可能にするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)や、走行時に必要な情報を表示して視線移動や焦点調節を最小限にするアクティブ・ドライビング・ディスプレイを搭載している。

また、15Sにスマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御と自動防眩ルーム・ミラーを標準装備化。20SツーリングLパッケージ、20Sツーリングにディーゼル・エンジン車専用装備であった、ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)と車線逸脱警報システム(LDWS)を標準装備化。 また、20Sにクルーズコントロールを標準装備化している。

価格は、1,922,400円から2,559,600円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事