コラム&エッセイ

2017.03.19

社会人1年目、ポルシェを買う。

[編集部より]

こんにちは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。今回から、コンテンツのはじめに、このような「前口上」のようなものを書くことができる枠ができました。第48話は、シャカイチ読者のひとりの男性からきたメールの紹介です。はじまりはじまり〜。

第48話:ひとりの男が「社会人1年目、ポルシェを買う。」のせいで、ポルシェを買った。1

Mくんから初めてメールがきたのは
秋がぐっと近づいた去年の涼しい夜のことだった。

彼は僕と同い年ということを書いたうえで
「ポルシェが大大大好きという共通点から、
親近感をもって『シャカイチ』を読んでいます」
書いてくれていた。うれしかった。

日ごろからこういったあたたかいメールを
たくさんいただいているのだけど
なかでも彼のメールが目を引いたのは
「ポルシェなんて20代で
 夢じゃないかと思っていました」
という2行の文だった。

そしてそのあとに
「上野さんの記事を読むことで
 乗りたい! という強い熱意があれば
 20代のわれわれでも(なんとか)
 叶うということがわかり、奮い立たされ、
 この度、はじめてのポルシェを
 手にすることとなりました」
と書いてあった。

最後に
「シャカイチがなければ、
 20代のわたしは
 ポルシェを手にすることが
 なかったでしょう」と綴ってあった。

僕は「とんでもないことをした」
という罪悪感におちいった。
だってクルマ1台買うことって
とてもたいへんなことだし、
それを維持するなんて……もうね。

一晩ざわついた心とともに過ごし、
何はともあれお祝いのメールをしてみた。

「そしてポルシェのご購入、
 心からお祝いもうしあげます。
 おめでとうございます」

あとは何を書こう……。
あ、そうだ!

「ところで、どんなポルシェを
 購入されたんですか?」

なんとなくだけれど、
ほどよい値段になったボクスター(987)とか
勝手な仲間意識で911(996など)を
想像しながらメールを送った。

新車なんて買うはずないだろう、
というのが正直な気もち。
 
 
 
ところが、新車であった。

 

Mくんは、
自分の足でディーラーにおもむき
ピシッとしたディーラーマンと
まっさらの新車をコーディネートした。
これから半年間の納車待ちするということだった。

「これから、納車まで
 あと半年、つまり180回くらい
 眠らなければなりません」

と書いてあった。

おそれいった。

で、なんのクルマを買ったのか。
それは彼からのメールを見ていただくのが
いちばんよいでしょう。

メール掲載を承諾してくれるかを
ただいま確認中です。

少々お待ちくださいませ。

※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。
 
 このメールがきたときは、
 さすがにドキドキしました。

 なんだか悪いことしたかもしれない
 という意味のドキドキです。

 今後とも、inquiry@autocar-japan.com まで、
 皆さまの声をお聞かせください。
 もちろん、なんでもないメールだって
 お待ちしております。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。