コラム&エッセイ

2019.02.02

社会人1年目、ポルシェを買う。

第88話:ポルシェ930で夜に、長距離を。

回転計よりガソリン計

給油した際にも驚いたことがあった。
スタンドの店員さんの給油時間が長い。
店員さんが、疑問の表情を浮かべながら
車体下を覗いたのにはさすがに笑うしかい。
いつまでたっても満タンにならないから、
ガソリンが漏れているかと思ったらしい。

そのとおりと言えば、そのとおりなのだ。
なんと930型911(SC)には70ℓも入る。
言うまでもなく、金額にも驚くばかり。
レシートには1万2118円と記されていた。
これをみてI君は不敵な笑みとともにいった。
「空冷ポルシェ、ガソリン地獄へようこそ」
さらにこう付け加える。
「お前の言葉を借りると
 『軽やかに舞う回転計の針』に、
 うっとりしてたかもしれないけど、
 今日からは燃料計の残量に釘付けやで」

なかなかしびれることを言うではないか。
でも、まさにそのとおりで、給油以降、
燃料計をみる頻度が増したのだった。

ここからはI君と運転を代わった。
987/981型のボクスターこそMTだったが
993型のカレラは空冷×ティプトロニック。
だから彼はとても興味があったのだという。

「こんなにエンジンが軽々と回るのか!」
というのが一貫した感想だった。
どうやら3.0ℓのSCのエンジンのほうが、
軽くエンジンが回るのだそうだ。
MTだから、完全に自分の裁量で
エンジンを回せることにも喜んでいた。

「次に空冷のポルシェを買うことがあれば
 おれもぜったいMTにするなぁ。」
ともいっていた。

と、ここまでは、平和な休日ドライブ話。
どうして平和に終わらないんだろう‥‥。
問題が生じたのだった。

next pageあれ‥‥? うん、あれ‥‥?

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ