【長期テスト】ジープ・レネゲード4xe(5) 「隠れジープ」の真実

公開 : 2021.07.11 11:30

クモや雪男も隠れいていた!

ジープの何かを模しているわけではないけれど、テスト車の「トレイルホーク」と言われるオフロード性能特化型グレードでは、ファブリックシートが等高線になっている。

乗るたびに触れるスタート&ストップボタンの縁にも「TO NEW ADVENTURES」の文字。

車検証やマニュアルをしまうケースが迷彩柄だったり、給油口を開いた右下にはクモの柄が象られている。

一説によると、「PHEVだから電気のおかげで給油しないもので、巣を張っちゃった」とのことだけれど本当?

撮影の最後に発見したリアガラスに「イエティ(雪男)」がいたのにも驚いた。

好きになるのは些細なところで

大前提として、走破性や走行性能が優れていることは大切だ。

しかし「好き」と思えるポイントは、やっぱり「ここにも、あそこにも、むだなことを……」と呆れながらも微笑んでしまうところにこそあると感じた。

1万kmをレネゲード4xeで走っても、まだまだ飽きることがない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事