海外初試乗

2018.07.12

初試乗 電動クラシック・ミニ「エレクトリック・ドライブ」 ミニの長所いかす

クラシック・ミニ・エレクトリック

編集部より

クラシックミニをベースにエンジンを取り除き、代わりに電動モーターを搭載した「クラシック・ミニ・エレクトリック・ドライブ」に試乗しました。オリジナルの外観や装備を残しながら、電動化によるすぐれたレスポンスで子気味良い走りを実現しています。

もくじ

EV化されたクラシックミニ
クラシックミニEV 運転してみると?
オリジナルそのままの装備
クラシック・ミニ・エレクトリックの役割

EV化されたクラシックミニ

離れたところから見ると、モリッツ・ブルメスターのミニは状態の良いクラシックにしか見えないだろう。

ソーラー・レッド・クーパーの張り出したホイールアーチ、2トーンの塗装、13インチのホイールなどは、純正のスポーツパッケージに含まれているものだ。ホイールやボディパネルに取りつけられた電気プラグのデカールが、ワンオフ車であることを密かに主張する。

最近のカントリーマン・クーパーS Eや、2008年ごろのミニEとよばれる試験車両を見たことがないとしても、このロゴを見ればガソリンでなく電気で走るということに気づくだろう。オリジナルのエンジンは取り外され、代わりに40psの電動パワートレインが搭載されている。

ブルメスターによる「オールド・ミーツ・ニュー」プロジェクトはわずか6日間で完成され、ニューヨークモーターショーで展示された。昔のミニを想起させるとともに、将来を見据えたモデルである。1年後には、彼らは初めてバッテリー駆動の車両を市販する予定だ。

スタンダードモデルに極力近づけるよう設計されている。その成果により、オリジナルの1998年型クーパーと同じ770kgに抑えられた。電動モーターの瞬発力のおかげで、今まで以上のゴーカートフィーリングを実現している。

next pageクラシックミニEV 運転してみると?

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ