海外初試乗

2018.11.03

三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 後編 回顧録

ポルシェ911ターボ/日産GT-R/アウディR8 V10

R8はMTが弱点

実際どこを取ってもとにかく速く感じられ、そしてわたしがゴールラインを1分14.9秒で通過した時には、正直言って他の2台がどうやったらこれより速く走れるか信じられない気分だった。

R8がそこまで至らなかったのは驚くことではない。このクルマは絶妙にバランスが取れており、そしてサウンドは素晴らしいの一言に尽きるが、ただドライではブレーキの弱さとMTであるがゆえのギアシフトの煩雑さがウエットのときよりはるかに重大な問題となって露見してきたのである。

色々な意味でこのクルマは、今回の3台の中でもっともピュアなハンドリングを備えていたので、非常に惜しまれる結果となった。最終的にR8のラップタイムは1分15.5秒であった。

そして宿敵GT-Rの番である。さてキャッスルコームのラップで、価格が半分のクルマが911ターボを倒すことができたのだろうか? それができたのである。最初のフライングラップに向けて最終コーナーに進入していく時から、GT-Rは絶対的なグリップ力においてすさまじいものがあり、そしてその後の加速力も同様に強烈であった。

next page最速はGT-R

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ