[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

リスター・サンダー 市販仕様の名称「LFT-666」に ジャガーFタイプがベース

2018.08.06

100字サマリー

リスターがジャガーFタイプをベースにチューニングしたモデルの名称がLFT-666に決定しました。「サンダー」と呼ばれていたこのクルマは、99台が限定生産される予定です。同社はジャガーチューンの代名詞になりたいと考えており、独自モデルの開発もめざします。

もくじ

市販用の名称が決定 99台限定生産
ジャガーのチューニングの代名詞に
独自モデルの開発も視野に

市販用の名称が決定 99台限定生産

ジャガーFタイプを675psにまでチューンしたリスター・サンダーは、「LFT-666」という名が付けられ99台限定で生産される。

価格は13万9950ポンド(2050万円)から。99台限定ということもあり、ケンブリッジの地で65年間の歴史を持つリスターにとって、最速で完売するモデルとなった。デリバリーは10月1日からとなる。

リスター・カーズは1950年代のルマンで活躍したジャガー・「ノブリー」Dタイプで有名だが、このジャガーFタイプのハイパフォーマンスバージョンをもって新車開発に復帰した。スーパーチャージャー付きの5.0ℓV8は大幅に強化され、675psを絞り出す。

リスターのセールス・マーケティング部門トップの、ローリー・マクドネルから話を聞くことができた。彼によると、LFT-666は0-100km/h加速が3.2秒、161km/hまで6.8秒で達し、最高速度は322km/hだ。市販されるFタイプのなかで最強を誇るのはSVRだが、それでも575ps、0-100km/h加速が3.7秒と、リスターが圧倒している。

LFT-666は、俊敏性を高めるべくサスペンションも再セッティングされ、エクステリアにはリスター・グリーンのペイントが散りばめられている。マクドネルによると、専用のボディーワークの他にも、豪華なナッパレザーのシートをはじめとするインテリアのアップデートも施されている。リスターはいくつかのオプションを用意しており、その中には1万9950ポンド(290万円)のカーボンファイバーキットも含まれる。

 
最新海外ニュース