[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

試乗 テスラ・モデル3 ツインモーター 450ps、260km/hの4ドアEV

2019.05.06

100字サマリー

前評判もすこぶる良い、純EVサルーンが2019年の年末にはショールームにお目見えする予定です。それに先がけて、英国の状態の良くはない路面と対峙する時がやってきました。今回はAUTOCARの英国編集部ではお決まりのコースに、モデル3を連れ出してのテストです。

もくじ

どんなクルマ?
6桁のバックオーダーを抱えるモデル3
どんな感じ?
最高出力450ps、最高速度260km/hの4ドアEV
正確でコントロール性に優れた足腰
クルマの性格を映し出したインテリア
「買い」か?
興味を掻き立てられる優秀さ
スペック
テスラ・モデル3パフォーマンスのスペック

どんなクルマ?

6桁のバックオーダーを抱えるモデル3

AUTOCARの読者なら、すでにウェブサイトやテレビなどでイーロン・マスクの手がけるEVの概要はご存知なはず。BMW3シリーズと同等のサイズを持つモデル3の場合、すでに6桁の受注を獲得しており、テスラを街角で見かける日もそう遠くはない場面になってきた。長年のクルマ好きからすれば、テスラ・モデル3が一体どんなクルマなのか、どんなアイデンティティを備えているのか、強い疑問を抱くかもしれない。

われわれはこれまでモデル3の量産前モデルを海外で充分に試乗してきた。クルマの総合的な強さ、トルクや加速感、スムーズさに静寂性などは特筆に値する。またEVならではの、少し特殊なドライビング技術が求められることも理解している。太いトルクを利用して滑らかに走り、無駄にタイヤへエネルギーを伝えず、コースティング時やブレーキング時には、エネルギーの回生が行われることを意識した運転だ。

そして英国の道でモデル3を試乗する機会がやってきた。いよいよ定番ともいえる疑問に回答が出る。表面が波打ち、舗装が部分的に剥がれ、ツギハギの多い路面とどのように対峙できるのか。小石が露出しかけた路面での騒音はいかほどだろうか。細くうねった郊外の道を積極的に走らせるのに、充分なステアリングの正確性やフィードバックは得られているだろうか。

ざっくりいえば、英国でも増殖できるほどに、不足のない快適性を備えているかどうか。いつもの手厳しい道へ連れ出して、答え合わせをしてみよう。

 
最新試乗記