国内試乗

2019.06.12

ジープ・グランドチェロキー 100台限定「トレイルホーク」に試乗 

ジープ・グランドチェロキー・トレイルホーク

価格 : 630万円

文・南陽一浩 撮影・花村英典 

編集部より

ジープ・グランドチェロキーのフラッグシップモデルとなる、トレイルホークが100台限定で発売。試乗しました。過酷なトレイルを課された性能試験をクリアした証として、地色がレッドのバッジが与えられ、パフォーマンスモデルであることを主張しています。

もくじ

どんなクルマ?
走破性を向上させたフラッグシップ

どんな感じ?
シックかつスポーティな内・外装デザイン

「買い」か?
精悍で躾のよいオフローダー

どんなクルマ?

走破性を向上させたフラッグシップ

車格やサイズがヒエラルキーにならないという意味で、ジープのフラッグシップはラングラーという強硬意見もあるだろう。でもフィアット・クライスラーの中にあって、今やジープも欧州のセグメントに沿ったラインナップになっているし、それ以前のダイムラーと提携していた頃から企画された第4世代のグランドチェロキーは、メルセデス・ベンツのMクラス、もっといえば改名後はGLEを名のったW166とプラットフォームや少なくないコンポーネントを共有している。

そこに「クォドラドライブII 4×4システム」という電子制御のLSDを積んでオフロードでの走破性を高めた「トレイルホーク」がグランドチェロキーに100台限定で加わった。いわば、車台的にはメルセデスと共有物件でありながらジープとしてお墨つきの悪路走破性を兼ね備えつつ、車両価格は630万円。色々とくすぐる限定モデルというわけだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ