海外試乗

2019.05.22

初試乗 メルセデス・ベンツEQC 400 4マティック 発売迫る 経験のない静寂

メルセデス・ベンツEQC 400 4マティック・スポーツ

テスト日 : 2019年5月15日

価格 : 6万5650ポンド(951万円)

文・マット・ソーンダース 

編集部より

メルセデス・ベンツとしては初めてとなる純EVがいよいよ登場します。ダイナミクス性能だけでなく、快適性や洗練制でもライバルを凌ぐ仕上がりは、さすがはメルセデスと呼べる仕上がり。一方で、走りの味わいに拘るオーナーには、少しの課題もある様子です。

もくじ

どんなクルマ?
遅ればせながらの真打ち登場
PHEVが抱える課題を解決
どんな感じ?
ツインモニターの4輪駆動で3段階の航続距離
メルセデス・ライクなインテリア
他に類を見ない静寂性と優れた乗り心地
複雑な回生モードとドライビングモードの組み合せ
「買い」か?
一歩先をいく装備と豪奢さ
スペック
メルセデスEQC 400 4マティック・スポーツのスペック

どんなクルマ?

遅ればせながらの真打ち登場

これまで革新的な技術を積極的に取り入れてきたメルセデス・ベンツだが、純EVの発表はいつになく後手に回った感がある。満を持して、とでもいうべきか、やっとEQCを運転する機会を得ることになった。

国際記者発表の場となったのは、ノルウェーはオスロ。環境意識の強い街は、遅れ気味なEVにハイライトを当てるのには、とっておきの場所だといえる。これが充電設備の不十分なロンドンなら、1日乗り回したあと、充電待ちの長い行列ができてしまったかもしれない。ゆっくりお湯を沸かして、お茶を楽しんでもいいけれど。

世界でも最も古い自動車メーカーでもあるメルセデス・ベンツ。自動車として最もリスペクトされる存在のひとつでもあり、プレミアムブランドとして最も好調な販売を世界各国で繰り広げている。メルセデス・ベンツがなにか新しいことをする時はいつも、大きな話題を生むものだ。

next pageメルセデス・ベンツとして初めての量産EV

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ