【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

ブーストアップで292ps アルピーヌA110 S シリアスが良いとも限らない

2019.11.04

ラップタイムを削りたいなら「S」

A110 Sの鍛え上げられた足まわりと大きなタイヤのグリップ力で、標準のA110以上にサーキットを高速で周回することは可能になった。そのかわり、遊びの自由度も、引き締められてしまった。

ドライバーを試すような、派手なオーバーステア状態に持ち込むことも難しい。丁度いい中速コーナーでの姿勢制御は、それほど簡単なものではなくなっている。

アルピーヌA110 S
アルピーヌA110 S

サーキットのラップタイムを0.1秒でも削りたいと考えるドライバーなら、A110 Sを選ぶべきだろう。だが、アルピーヌのドライバーの多くが、それを望んでいるかは疑問だ。

主に一般道を走らせ、時々サーキットで憂さ晴らしをするような筆者なら、17インチホールを履いたA110ピュアを選ぶだろう。オプションは慎重にいくつか選びたいところだけれど。

シリアスなドライビング体験が、高く評価されている時代なのだろうか。わたしとしては、現実世界でより楽しめた方が良いと思うのだけれど。

アルピーヌA110 Sのスペック

価格:5万6810ポンド(789万円)
全長:4205mm
全幅:1800mm
全高:1250mm
最高速度:259km/h
0-100km/h加速:4.4秒
燃費:−
CO2排出量:164g/km
乾燥重量:1107kg
パワートレイン:直列4気筒1798ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:292ps/6400rpm
最大トルク:32.5kg-m/2000-6400rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

 
最新試乗記